化夢宇留仁の異常な掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [過去の過去ログ(準備中)] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
参照先
居住地    イメージ   [アイコン参照]
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー
メッセージ

   削除キー (記事削除時に使用)

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |


[641] 「サイバー警察」もの - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/02(Thu) 01:03
私が私淑している漫画家のラスカルにしお先生が、

「はぐれ刑事電脳派」、と攻殻機動隊を評してたのを思い出しました。だからなんだというわけじゃないけど。
言い得て妙ですな。
そう言われると「相棒サイバー版」「あぶない刑事サイバー版」感もありますな。
そして全然関係ないけど「古畑任三郎サイバー版」とか見てみたいですな(笑)

[640] ブックオフオンラインで - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/01(Wed) 15:07
ブックオフオンラインで

「ゲームブック形式メンタルヘルス・マネジメント検定問題集II種」というものをポチった。

200円。どんなものが来るのか怖いような恐ろしいような(笑)
怖いような恐ろしいような入院させられそうな(笑)

[639] JICC出版局のゲームブック - MOSSAN [なんかその辺] 2021/09/01(Wed) 13:18
ザナドゥ(シナリオ1)の巻末に宣伝的な感じでJICC出版局のゲームブックのリストがありました。
管理人さんの所有しているゲームブックのリストを久々に見させていただきましたが、
ウルティマを全巻お持ちなのはすごいですね。

『ゴータよ、お前は戦士として旅立つ運命じゃ』とか書かれていました。
各巻毎に主人公が違うのは、ちょっと意外でした。
四部作ではなく、各巻が独立した物語になっているんですね。
持ってはいるのですが、全然見てないです(汗)
あのへんをプレイする日は来るのだろうか・・・・(汗)

[638] 熟読する時間が欲しい - MOSSAN [なんかその辺] 2021/09/01(Wed) 11:13
先日、階段の裏側のクローゼットから取り出したゲームブックの記事を書きました。
これで今月も記事がゼロということだけは避けられました。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/c1ae51b136d40a4552b836e3e550651b

私のカメラの性能が悪いせいで綺麗に見えますが、実物の状態は良くありません。
このゲームブックですが、原作(PC)も確かに人気があったのでしょう。
しかし、ゲームブックのブームに便乗して刊行されたというのが事実だと思います。
第一作はパラグラフ数500、今作はパラグラフ数330ですが、定価は同じ…
総項目数だけが価値ではありませんが、ちょっと残念…?

老後の金策でオークションに出すなら、開始価格は5000円くらいで…(虫のいいこと言っています)
その前に一度はクリアしてみたいですけどね。
便乗ゲームブックたくさん出ましたね。
パラグラフ数に関しては、いたずらに多いものより少なくまとめてある作品の方が楽しめる率が高いように思います。

現状では5000円は妥当くらいな感じになってしまっていますね。

[637] テンバイヤーの野郎…… - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/30(Mon) 20:29
アマゾンで調べて仰天。

いや、「暗殺者の惑星」は面白いけど、どうしてあんなB級SFに20000円のプレミアがつかなあかんねん……。
まあ中古なので値付けは売る人の勝手ではありますが、それにしても立派な値段ですね。
ハヤカワや創元が買い取って出し直しませんかね。

それはそうと、最近化夢宇留仁はアマゾンでは極力買い物をしないようになりました。
定価の表示もせずプレミア価格で売りまくっているのは最低です。

[636] 書いて今からいうのもなんだけど - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/30(Mon) 19:09
先の書き込みで「マイベストを組んだら必ず入れる作品です」などと書いたので、ではマイベストはなんだろう? と深夜に酒を飲みながら考えはじめ、結果この通りの乱暴狼藉に……。

深夜に酒飲んでSFのこと考えるとダメだな、オタクというものは……(汗)
化夢宇留仁も負けずにマイベストを・・・と思ったのですが、やっぱり記憶が残っていなさすぎて決められませんでした(泣)
ここ半年のマイベストくらいしか無理だ(汗)

[635] 発見の経緯 - MOSSAN [なんかその辺] 2021/08/30(Mon) 15:15
我が家の二階へ上がる階段の裏側に収納用の戸口があるんです。
そこを開いた途端、無くしたと思ったゲームブックが布屑などと共に出てきたんです。
まるで某ゲームブックの秘密の隠し場所ですね(((^_^;)

押し入れの奥とか、まだまだ探っていない場所もあります。
とにかく、埃が一番の強敵です。

>オリジナル・ゲームブックの地名や人名
やはり無料の作成ツール(ネット上)を使うのが最適かもしれませんね。
サイトによっては、ロシア風とかフランス風とか選べたりするので便利です。
そういえば、日本車の名前を多用していた《魔法騎士》のアニメがありましたね(古い…)
↓これです。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/027d30ac5fff56d2fb8bef743bf6e4b2

投げ売りされていたので、暇潰しに買ったソフト…
マンション住まいだと秘密の隠し場所と無縁なのが残念です。

人名地名は悩みだすと果てしがなくなりますね。
そのアニメのサターンのRPGが面白かったような気がします。

[634] マイ・ベストSF - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/30(Mon) 02:06
マイベストSF(日本編)

1.中井紀夫「タルカス伝」
2.半村良「妖星伝」
3.光瀬龍「百億の昼と千億の夜」
4.山田正紀「宝石泥棒」
5.新井素子「……絶句。」
6.石原藤夫「宇宙船オロモルフ号の冒険」
7.谷甲州「惑星CB=8越冬隊」
8.筒井康隆「関節話法」
9.荒巻義雄「柔らかい時計」
10.堀晃「梅田地下オデッセイ」

1位は、「家畜人ヤプー」を完全に過去のものとなした天才のイマジネーションが爆発する長編ファンタジーの傑作中の傑作。これが電書でしか手に入らないのはなぜだ。
2位は、「家畜人ヤプー」を完全に過去のものとなした天才のペシミズムが爆発する長編時代SFの傑作中の傑作。平井和正よりも人間と生命に絶望しきってる作家の魂の叫び。
3位は、宗教にダマされ続ける愚かな生物たちのたどる破滅への道をしっかりと描ききった光瀬龍の最高傑作から。なぜ破滅しなければならないのかの理由があまりにも苦すぎる。
4位は、初期の山田正紀の総決算ともいえるこの巨編。「タルカス伝」がなかったら1位にしていてもおかしくなかった作品。
5位は、新井素子の魅力爆発の長編。吾妻ひでおがイラスト描かなくちゃその魅力も半減だとしか思えぬのであるが。中学生をSF世界に引きずり込むには最良の教科書。
6位は、「数理飛行士」も裸足で逃げ出す宇宙冒険数学SF。前方に立ち塞がるすべての敵を、「数学」でもって片端から粉砕していく不定形宇宙船オロモルフ号がかっこいい。
7位は、好きなB級アクションSFの中から谷甲州のこれにした。田中光二の「わが赴くは蒼き大地」、梅原克文の「二重螺旋の悪魔」とも悩んだが……あう〜。
8位は、筒井康隆を入れないわけにはいかんだろう、と、全作品の中からもっとも爆笑度合いが高かったこれにした。でもどの作品を入れても問題はないと思う。
9位は、記念碑的名作「白壁の文字は夕陽に映える」が含まれたこの恐るべき短編集にした。こんな小説書ける人がどうして「紺碧の艦隊」なんか書かなきゃならんのだまったく。
10位は、強烈なアイデアのハードSFが並んだこの短編集を、ヨコジュンのハチャハチャやヴィヴィッドな梶尾真治、安定の草上仁をあえて蹴って入れることにする。
「……絶句。」と「関節話法」しか読んだことありません。
どうしましょう(笑)
それにしても今の中学生に「……絶句。」を読ませたらどんな反応をするか、化夢宇留仁には想像つかないです(笑)

[633] マイ・ベストSF - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/30(Mon) 00:45
マイベストSF(海外編)

1.ラリー・ニーヴン「リングワールド」
2.サミュエル・レイ・ディレイニー「ノヴァ」
3.コードウェイナー・スミス「ノーストリリア」
4.バリー・マルツバーグ「アポロの彼方」
5.バリントン・J・ベイリー「時間帝国の崩壊」
6.トマス・M・ディッシュ「キャンプ・コンセントレーション」
7.フレッド・セイバーヘーゲン「バーサーカー/皆殺し軍団」
8.マイク・レズニック「暗殺者の惑星」
9.テッド・チャン「あなたの人生の物語」
10.ジョン・スラデック「スラデック言語遊戯短編集」

1位のリングワールドは、舞台設定、登場人物、ガジェット、オチからなにもかもビシッと決まったスペース・オペラの超絶的傑作。これを読んで面白くなかったら、あなたはSFなんて読まない方がいい。
2位は、ディレイニーの重層的構造がわからなくても、そのままスペース・オペラとして読んでめっぽう楽しい作品。ないまだ読んだ君?
3位は、一度読んだら二度と忘れないだろう絢爛豪華な未来世界を舞台にした少年の冒険。作者の正体はお忍びで20世紀にやってきた人類補完機構のロードとの説もうなずける。
4位、ドグラ・マグラをしのぐキ○ガイ地獄外道祭文小説。とにかくすさまじい作品。
5位、別冊宝島いわく「最高にぐちゃぐちゃ、出鱈目かつ息苦しい怪作。翻訳中ではこれがいちばん異常」。もっともである。早く文庫に落ちぬか。
6位、ディッシュの強烈な知性で貫かれた「アルジャーノンに花束を」みたいな小説。天才になったチャーリイ・ゴードンが白痴のバカみたいに見える。
7位と8位はわたしが好きなB級アクションSFにした。「皆殺し軍団」はみんな知ってる殺人ロボット軍団を狂言回しに、無責任に楽しめる歴史改編もの。「暗殺者の惑星」は邪神と悪魔を信仰する人間ばかりを集めた植民星に降り立った、ゴルゴ13が人情家に思える冷酷非情な暗殺者が繰り広げる暗殺行。これまた無責任に楽しむべし。
9位と10位は偏愛する短編集。9位のテッド・チャンはもう説明不要のビッグネームのひとりになった。SFマガジンで「理解」が訳載されてから追ってきたファンとしては嬉しくてたまらん。10位のジョン・スラデックは、才能の無駄遣いとはこういうことだ、とでもいうようなメチャクチャな論理が楽しめる。一作だけ選ぶなら「マスタープラン」を。
この中で化夢宇留仁が(多分/汗)読んだのは「リングワールド」「ノヴァ」「ノーストリリア」「バーサーカー/皆殺し軍団」の4冊ですね。
しかし「ノヴァ」「ノーストリリア」は内容を覚えていない・・・(汗)
なにがすごいって、ポール・ブリッツさんの記憶力はすごいですね。よくそこまで覚えてますな。
いや、化夢宇留仁の記憶消去力がすごいのか(汗)?
上記2冊は再読してみます。
他も手に入ったらぜひ読んでみたいですねえ。

[632] 明後日は… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/08/29(Sun) 21:34
勤務先で半年に一度の棚卸しです。多分、0時に退勤するのは無理でしょう。
小売業で最も辛い日の一つです。
休日に時間があれば、手持ちのゲームブックも棚卸ししたいですね。

>自作ゲームブック
これを考える時、私が最も頭を悩ませるのは、やはり世界の名前ですね。
カタカナをランダムに並べて造語を作ってみても、実在する地名だったりしますよね。
アナランドやエセルナートのようにカタカナで語呂のいい地名って、
なかなか思いつかないです。
棚卸しは商売している限りは必ずあるお祭りですな。
うちの会社も棚卸し前後は大騒ぎになっています。
化夢宇留仁の部署は関係ないですが(笑)

>カタカナ造語
・・・なんか適当な並びや、聞きなれない食べ物の名前とかで押し通せば、耳慣れてくるといい感じになりますよ(笑)
逆にどんな聞き慣れた単語も「耳ゲシュタルト崩壊」を起こすとすごい違和感を感じます。

[631] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/29(Sun) 21:21
「イノセンス」と「ゴースト・イン・ザ・シェル」見ておきながらハッカーものはマトリックスしか思いつかないというのはちょっと校舎裏へ来いだぞ(笑)

まあ冗談は置いといて、ハッカー映画をやろうとすると、映像としてはつらい物がありますなあ。情報世界にダイブするっていって、視覚にならないからダイブするわけですし……。「数理飛行士」ってSF短編の名作がありますが、あれくらい訳のわからない整然とした論理だけの情景を切り出さないと、「ダイブ」はリアルに語れないんじゃないかと思います。
>「イノセンス」「ゴースト・イン・ザ・シェル」
・・・これらは取り締まる方の視点なので、「サイバー警察」ものです(化夢宇留仁命名)!
ちなみにサイバー警察ものには「未来警察」「ジャッジ・ドレッド」なども含まれます(笑)

ハッカー映画の映像化ですが、結局マシン語が人間にイメージ不可能な上は、なんらかのイメージ化は必要かと思います。
ダイブ先のコンピューターにその機能が無くても、ダイブする脳味噌の方にイメージ化のプログラムが組み込まれているのではないでしょうか。
ダイブ映像にまともに取り組んだ映画としては「JM」がありますが、結構好きです。
・・・ちうか「JM」こそハッカー映画の王道ですな(汗)

[630] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/29(Sun) 21:01
ビル・プロンジーニ&バリー・マルツバーグの共著では、ほかに「嘲笑う闇夜」と「決戦!プローズ・ボウル」も読みました。

解説の「RUNNING OF THE BEAST」ってのが「嘲笑う闇夜」で、解説ではベタベタにほめてますが、やっぱりこれも「結末のサプライズエンディングが面白さにつながっていません」(^^;A

個人的にはSFの「決戦! プローズ・ボウル」のほうが面白かったですね。アッと驚くどんでん返しのシーンがあるんですが、それがもう、バカで(笑)。ちなみに結末ではありません。

プロンジーニはいい読者ではありませんが、バリー・マルツバーグには「アポロの彼方」という、史上屈指の怪作SFがあって、自分はマイベストを組んだら必ず入れる作品です。あんなすさまじい作品なのに、いまだに文庫に落ちないのがほんと不思議です。訳者の黒丸尚もノリノリで訳してるんですがねえ。

ローダンは……思えば、あの一巻が結構面白かったから騙されて中学校の三年間をローダンに捧げちまったんだよな……罪な一巻だぜ……(笑)。
そうなんです。どんなに凝った仕掛けを施しても、それが面白さにつながらなかったら意味ないんですよね〜。

>決戦! プローズ・ボウル
・・・なんすかこの「小説速書き選手権」って副題は(笑)
こりゃ面白そうですね!

>アポロの彼方
・・・ぜひ読んでみたいです!
なんとか近日中に手に入れよう(汗)

ローダンは今のところ7巻まで読みましたが、相変わらずテンポが早くて密度が濃くて面白いです。
まあ途中でたるんだり色々あるとは思いますが(笑)

[629] 嬉しい発見 - MOSSAN [なんかその辺] 2021/08/29(Sun) 13:18
学生の頃('80年代)、確かにに買ったけど、行方不明のゲームブックがありました。
未だに続けている大掃除のお陰で、自宅から見つけることができました。

ネタに詰まった時、また記事にしてみましょう。
熟読すれば、当時の思い出が蘇るかも…

《ディープダンジョン》(確か食糧が乾パンだった)とかも持っていたはずですが、
無念にも見つけられず…
化夢宇留仁のゲームブック関連でのなくしものと言えば、手書きのいろいろなゲームブックのマップ(パラグラフ番号入り)が集まったノートです。
いったいどこに行ってしまったのやら。
あんなの二度と作れない(泣)

[628] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/08/28(Sat) 23:34
裁くのは誰か? AMAZONのユーザーコメント全部読んだらトリック分かりました。映像で観たいですね 騙しの要素をどう再現するか難しそうですが(笑)

ハッカー物は、「ピエロがお前をあざ笑う」とか「Mr.ROBOT」を観てると基本的なストーリーが足りなさすぎですね。
どれもPrimeVIDEOで観れますから比較にいいかも
確かに小説よりも映像の方が面白そうです。
後半の○○が○○を追いかけるところをどう映像化するかが問題ですが。

持たざるものが〜は、ハッカーと見せかけて偽造クレジットカードと転売のお話のようですな。
化夢宇留仁が今まで観たハッカーものは・・・・・
マトリックス(汗)?

[627] 偶にはハズレも - ミソニコフ [東海] 2021/08/28(Sat) 10:12
ビル・プロンジーニ 名無しの探偵シリーズ以外に著作があったんですね。最近BookOFFで探偵シリーズ以外の本を見つけて驚いたとこでした。
名無しの探偵シリーズは、冴えない中年太っちょ探偵の地味な話でまあまあ楽しめます。

AMAZONPrimeVIDEO B級映画の宝庫だと気が付いて毎日1本観ようとしてます。玉石混交で当たりも外れも色々。
昨日観たHACKER 酷かった。(汗)最後の最後にタネ明かし おいおいそれはないだろ そこまで登場してなかったはずの叔父さんてあいつだった(汗)
>冴えない中年太っちょ探偵の地味な話
・・・そういうの化夢宇留仁の好物であります(笑)
探してみよう。
でも「裁くのは誰か?」は永遠の命が保証されてから読んだほうがいいかも(笑)

>B級映画の宝庫
・・・そりゃいいですね!
でもああいうのって、どうやって見る作品を決めたらいいのかわからないんですよね。
ちょっとだけ説明とポスターの画面が入った一覧画面みたいなのがあるといいんですが。
ちうかカタログ欲しい(汗)

>HACKER
・・・持たざるものが〜ってやつですか?
これは評判よさそうですが。

[626] ホンダ・シティRのフィギュア - MOSSAN [なんかその辺] 2021/08/26(Thu) 23:13
>付属のフィギュア、まじでいい感じに
私のアップした画像の質が悪いこともあって、わかりにくいのですが…

・首が少し長い(というか、顎の位置が少し高い)

・女の子なので、もう少し頭が大きいほうが…(ちょっと背が高く見える)

・膝から下(ブーツ)の部分が太すぎる(女の子の脚じゃない…)

昭和の製品として見れば、サービス精神旺盛で頑張っているとは思うのですが、
近年のレジン製フィギュアを見ているうちに目が肥えたのでしょうか。

当時の雰囲気を楽しんで素組みするか、スリム化するか、検討中です。
モーター・ライズでもありますが、かなり古いキットですので、
車体パーツが走行に耐えられないかも…
モーターは仕込まないほうが賢明ですかね。
確かに首は少し長過ぎる気がしますね。
体型は化夢宇留仁的には好みです(笑)

プラパーツの強度は落ちているでしょうね。

[625] FFシリーズでは… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/08/26(Thu) 18:18
作品によって薬の類を持って行ける作品もあれば、そうではない作品もあります。
また、《バルサスの要塞》のように食糧の無い作品も…
しかし、大抵の作品では、剣、革の鎧、ザック(背嚢)がデフォルトだったような気がします。
それらについて一切の明記が無いので、ちょっとだけ焦りました。
まあ、革の鎧も格好だけの装備かもしれませんが…

だけど、FFシリーズの戦闘時の主人公の技術点って、武器を持っていることが前提の値でしたよね。
剣を失うと、技術点が2〜4(これも作品毎に違う)下がってしまいます。

というわけで、特に書かれていなくてもファンタジー作品ならば、
『剣やザックを持っている』と解釈しましょうか…
あまり難しく考えないほうが健康的ですね。
バルサスは食料の代わり(?)に魔法を持っていましたね。
当時は残数を管理するものが多すぎて読者が混乱しないように調整していたものと思われますな。
きめ細やかな配慮。
でもリビングストンはそのへんのゲームとしての配慮に欠けているイメージがありますね。
勿論欠けているところもあれば秀でているところもあるわけで。

>あまり難しく考えないほうが健康的ですね。
・・・全くおっしゃるとおりだと思います。

[624] 勉強の息抜きに… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/08/26(Thu) 10:38
久々にゲームブックを読んでみました。手に取った作品は《甦る妖術使い》です。
この作品ですが、なぜか出発時の持ち物については一切の説明がありません。
しかし、道中で主人公が剣を振り回したりする描写があるので、
出発時の持ち物はFFシリーズのスタンダードでいいのかな?

↓ストックから取り出してみましたが、付属のフィギュアが素晴らしすぎる…(^o^;)

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/1965276743f03c7c35a19ac92f148458

シェイプアップが必要でしょう。
シリーズが長引くといろいろなところがいい加減になったりするんでしょうね。
ところでスタンダードって、剣以外になんか持ってましたっけ?

付属のフィギュア、まじでいい感じに見えますけど。
ちょっと顔の形が変かな???

[623] 聞いた噂だと - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/24(Tue) 23:22
FFシリーズセレクション、第二弾が出るそうザマスよ。

シェ〜〜〜〜〜〜ッ!
安田御大が予約受付開始してしばらくした時点で、第二弾が出せるだけの予約がもらえたと言ってましたよ。
とにかく安くして新翻訳を多めにしてほしいですねえ。
でも未訳作品の質がいい可能性は高くないですね・・・(汗)

[622] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/23(Mon) 21:36
もう逼塞しているのがいやになり、ワクチンも効いてくるころだろうしと、9月20日の東京コミティアに参加して、FT書房さんの出してる同人版ゲームブックだとかソロシナリオだとかを買い込んでくるつもりですけど、お手頃価格のやつがあったらゲームブック交換対象品としてお送りしましょうか? 現代最先端のゲームブックは、もう同人とKindleでしか手に入らない世の中ですし……。お返事待ってるっす。
勿論化夢宇留仁が未所持のものを送っていただくのは大歓迎です。
しかしダブリゲームブックにポール・ブリッツさんが欲しいのあります(汗)???
ほんとにまともな在庫が枯渇していて申し訳なし・・・

[621] 無題 - いず [近畿] 2021/08/21(Sat) 05:06
化夢宇留仁さん、初めまして!コメント失礼します!
ヨグ影のリプレイより辿り着きました。
今度ヨグ影を回すことになったはいいものの、今まで読むだけで回せる系のシナリオばかりやっており、またリプレイもほとんど存在しないため途方に暮れていたところ、検索よりこちらのサイトを発見しました。
読んでるだけでこのセッション面白いだろうなと思えるリプレイに、ついつい一心に読み耽ってしまいました。
セッション中のアドリブ対応力もすごいですが、事前準備での設定の生やし方等見て、自分の事前準備の至らなさにすごくショボショボしておりました……
上手なKPのリプレイはやっぱりすごいなぁ、と感動してしまいました(勝手に参考にしてすみません!)
セッションまで日はありませんが、頑張ります!本当にいいリプレイを公開していただき、ありがとうございました!
いずさんいらっしゃいませ。
リプレイを見ていただいてありがとうございます。
あれもまだ途中なのでその内続きを書きたいとは思っているのですが・・・
ところで化夢宇留仁のキーパーは全然上手ではありません(汗)
準備とかはキーパーのその部分が好きなので勝手にやっているだけで、実際のプレイでは(リプレイでも出てくる通り)ミスだらけで大変なことになってます(汗)
なにより誘導が下手なのですぐに横道にそれて全然ストーリーが進まないのが致命的(汗)
反面教師として御覧ください(笑)
キーパーがんばってください。

[620] ▲▼▼ - 藍屋 伝一 [関東] 2021/08/20(Fri) 23:26
おお、なるほど。それはたぶんこうです。別役氏は、横溝が実際の津山事件を取材していることなどから、氏の文章を松本清張の文章とともに、昭和十三年の都井睦雄の行動として考察しているので、作中の若干の年代の齟齬は等閑に付したのかもしれません。
松本文では、あくまで照明類が夜間対策用として説明されているのに対し、横溝のほうでは、犯人が自らを異形の物にしたてていくための道具として表現されていることも評価していて、おそらく都井睦雄自身の心情には横溝文のほうが迫っているのではないかと述べられます。
その中に唐突に入る「ナショナル」を、押し寄せる近代化=共同体の崩壊の端緒、と意味づけ、そうした崩れ行く共同体というのも事件の土壌になっているのでは、と推察されてる感じです。
おっしゃる通りだと思います。
八つ墓村本文を確認してみると、「ナショナルランプ」ではなく「ナショナル懐中電灯」と書かれているので、横溝もそのままでは問題があるとわかっていたと思われます。
ただし大正時代の懐中電灯は電池の性能が低くてあまり普及していなかったようで、当時ナショナルブランドの懐中電灯はまだ存在していなかったようでした。
はっきり断言はできませんが。

[619] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/08/20(Fri) 09:37
映画 ジョン・カーター 2012年に観ました。なにか特別この映画を観たかったわけでなくその日に名古屋駅前で観れる映画の中で
適当に選んだだけでした。この時点で原作の知識ゼロ
予備知識なしで観たわけですが主人公の超人的な力、火星を舞台にしたあり得ないような話 とんでもな異星人キャラクター多数
面白かったですね。内容知ってたら別の映画選択してたはずだけどこういう偶然で出会えた想い出に残る作品でした。

まさかシリーズ物でチェス人間に話が続いていくなんて
半世紀の時を超え知り得た事実(汗)
それはさぞや感慨深いものがあったでしょうね。
ぐる〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと回って手元のこれかい(汗)!?みたいな(笑)

化夢宇留仁もジョン・カーターは面白かったです。
原作を読んでから見直してみたんですが、再現度も高かったですよ。
ヒロイン以外は(笑)

[618] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/19(Thu) 22:19
キャプテン・フューチャーは、SFなんて何も知らなかった中学生のころに「謎の宇宙船強奪団」を読んで一発でやられ(笑)、その日を境に転がり落ちるようにSFファンへの道を進んでしまいました(笑)

というわけで、わたしはキャプテン・フューチャーといえば、「謎の宇宙船強奪団」なんですよね。太陽系、という舞台にも合っているような気がします。

あと、エドモンド・ハミルトンで好きなのが、評価は落ちるようですが「銀河大戦」で、もうこれは、訳題をつけた人がうまかった、としかいいようがない(笑)

いやー、ハミルトンの作品を読んでなんとも思わないSF読みはフォースの暗黒面だ、と思ってます(笑)
あれを中学の頃に読んだら刺さるでしょうね〜
言われて考えてみれば、あのシリーズは内容的にはほぼジュブナイルですね。
「謎の宇宙船強奪団」宇宙船強奪、敵のロボット軍団、宇宙のサルガッソー、太陽系横断レースなど、ガジェットてんこ盛りで面白かったです。
こちらもその内アップ予定です。

「銀河大戦」は持っていないので、こちらも探してみます。

[617] ☆◆☆ - 藍屋 伝一 [関東] 2021/08/19(Thu) 07:16
>胸につけているのが「ナショナル」とそこだけメーカー名が
するどいですね、別役もまさにそこのところを指摘していて、曰く「この彼の文中に植え込まれた<ナショナル懐中電灯>という語感の凶々しさはどうであろうか〜中略〜この昭和十三年当時、この山間の寒村に無原則的に流入しはじめたであろう近代的なものと、土地に残された因習的なものを重ね合わせながら、次第にグロテスクな印象をまとめあげてゆくのだが・・・」とこの後の結論につなげています。
 ブラクは武部本一郎オンリーす。書き方があいまいですみません。化夢宇留仁さんのファボ表紙の中で火星シリーズがあったもので。
 金田一は防御力最弱なのに基本勝ち負けがつかないのがずるいところっすねw 
なんだか褒められた気がして(笑)調べてみたんですが、その結果微妙なことが出てきました。
松下がナショナルと名乗り始めたのは大正14年で、通称「ナショナルランプ」と言われる角型ランプの発売は昭和2年。それまでも自転車用砲弾型ランプとかを出しているようですが、とりあえず八つ墓村の30人殺しは大正時代に発生とある・・・(汗)

>ブラクは武部本一郎オンリーす
・・・なるほど。でも佐伯俊男のも見てみたいですね!

八つ墓村の原作では金田一はなんとかドローに持ち込んでますが、映画の方は両方とも敗北としか・・・(汗)

[616] ハドリー・チェイスはねえ(^^;) - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/18(Wed) 19:03
ハドリー・チェイスの活躍したころは、「ゲスな男をどこまでもゲスに描く」ことがハードボイルドの枠を広げることと同一でしたからなあ。

なんだかんだで「代表作」といわれてる「ミス・ブランディッシの蘭」なんか最たるもんで、クソみたいな男たちによって富豪令嬢がひどい目に遭う「だけ」の話。「そういうもんだ」と思って他人事のように読むのがコツで、まあ、いわゆる「ノワール」のはしりとして楽しめます。
アドリーじゃなくてハドリーですね。
入力するときにhを打ち漏らしたかな(汗)
近日中に直します。

あのどうしようもないゲス男はそういう経過で生まれたんですね。
でも他人事のように読んでも楽しめる気がしません(汗)
化夢宇留仁は「ノワール」には近寄らないほうがいいのだろうか・・・(汗)

[615] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/18(Wed) 17:43
探してみたけど、金田一をハブったNHKの5回シリーズのドラマ、1971年版八つ墓村はDVDになってないようですね。

森美也子役が、「X星人」の水野久美、というだけで見たいのに(笑)
それは観たい!!!
DVDなってないっすか(泣)
観ようと思ったらNHKのマスターテープ倉庫に忍び込むしかないってこと(汗)?

[614] ★◆☆ - 藍屋 伝一 [関東] 2021/08/17(Tue) 23:32
おほほ、確かに最近本屋に行ってないので新刊も検討してみるざますです。
松本清張のは、「闇に駆ける猟銃」という題ですね。(ちなみに別役のは「域内殺人事件」という題で『犯罪症候群』所収です)
佐伯俊男の表紙はまじいいですね、他の画集などの絵も、かっこいい変態さんという感じですw
わたくしも武部画伯表紙の本が欲しいです。戦士ブラクの3巻がエロいw
写真っぽいのが多くなったのも最近の表紙に魅力が足りない原因ですかね。
最近は本屋に行こうにも本屋自体がほとんど無くなっちゃいましたよね。

「闇に駆ける猟銃」探してみよう。
そういえば八つ墓村の描写では、胸につけているのが「ナショナル」とそこだけメーカー名が出てくるのが面白かったです。

佐伯俊男さんっていうんですね。名前を初めて知りました。
ちうか戦士ブラクも佐伯俊男のイラストの表紙のが存在してるんですか(汗)!?

写真の表紙も好きなのもたまにはあるのですが、やはりイラストの方が気に入る率は高いですね。
言われてお気に入り表紙ページで確認してみましたが、現状でまともに写真を使っているのは1冊だけでした(他に加工しているものが2冊)。

[613] ◆◇◎ - 藍屋 伝一 [関東] 2021/08/17(Tue) 07:42
 「記録&感想」読みました。みんなの評価も高く、やっぱシャドー81面白そうすね。
確かに買うならどちらも表紙が良いのでハヤカワか新潮か迷いますね。わたくしの場合も、中古含めて複数のデザインがある時は大体古いやつのほうが好みの場合が多いです。
http://blog.cnobi.jp/v1/blog/user/dd8cbcc8fb3de03370d7a2b9ca13d2a0/1629037668
↑私の好きな表紙の本を並べてみたのですが、この中の6冊ぐらいは絵柄が良かった古いバージョンのほうです。(で、結果として裸っぽいのが増えるw)
 そういえば、別役実が横溝正史と松本清張の、それぞれの三十人殺しの装備描写を比較考察していて、結果的に横溝のほうがより当時の世相を文章に反映しているという意見を述べていました。
そうなんですよ。化夢宇留仁も新旧比べるとほとんどの場合で旧の方が気に入ります。
なんででしょう。今の世間のニーズとずれまくっているということなのか(汗)
シャドー81は面白いので化夢宇留仁みたいにヤフオクじゃなくて新刊で買ってあげてください(笑)

山田風太郎!
化夢宇留仁も当時の表紙の本が欲しくて探してるんですが、ヤフオクでもめったに出てこないんです。
甲賀忍法帖の表紙とか最高ですよね!

松本清張が30人殺しを書いたのはなんて作品ですか?

[612] わたし好みの本です - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/16(Mon) 17:57
おお、「八つ墓村」。マニア好みのタイプのミステリばかり読んでた高校生のおり、馬鹿にしながら読んでみたらめっちゃ面白かったやつですな。

NHKのドラマ版では、乱暴にも「金田一耕助」を取っ払ってしまい、主人公が孤立無援で逃げ惑う作品にしてしまったそうですが見たことはないです。

まあ、あれだけ人がばんばん殺されていて、「実はあの人を最初から怪しいと思っていたんですよ」といっても説得力はまったくないですな、金田一耕助(笑)。誰が言ったか知らないが、野球のピッチャーに例えたその姿、人呼んで防御力最弱探偵(笑)。

ダントツで人気があるのは「獄門島」ですが、一種の叙述トリックを見せる「本陣殺人事件」、アガサ・クリスティの童謡殺人ものを彷彿とさせる「悪魔の手毬唄」もいいですので、もっと読みましょうよお横溝正史……(^^) 特に「悪魔の手毬唄」はおすすめです。

そういや、核戦争もので、冷戦まっただ中に活躍したSF作家であるモルデカイ・ロシュワルトのどシリアスな「レベル・セブン」にやたらと感動していた学校のサークルの先輩のために、同じ作者の「世界の小さな終末」を部室に置いといたら、気がつきもしなかったらしい、という様子を見て、影で笑ってたんですが、いいですよ、「世界の小さな終末」。くだらなくて下世話で(笑)
いやまじですごく面白かったです。
ちうかNHKやりますな!
確かに物語を一切変えずにキャラクターを減らそうと思ったら、金田一を消す以外ないですわ(笑)
ぜひドラマ版も観てみなければ(汗)
ちゃんと宝探しになってるかしら。
横溝正史は他にもたくさん落札しましたので、どんどん読んでゆく所存です。

「レベル・セブン」「世界の小さな終末」も探してみます。
そう言えば核戦争〜終末ものといえば、筒井の「霊長類南へ」っつうのもあったな・・・

[611] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/08/16(Mon) 09:04
火星のチェス人間
半世紀前なぜか家にありました。最後まで読んだかどうか結末がどうだったかまるで覚えてませんが蜘蛛のような昆虫生物に人が寄生
される様な話が、あったような?う〜ん(゜゜)
SF好きになるきっかけにはなったかも知れません。
>蜘蛛のような昆虫生物に・・・
そうそうそれそれ(笑)!
よく覚えてますねえ。
あの寄生頭、めちゃくちゃ面白かったですよ。
少し先になりますが記録&感想にもアップ予定です。

[610] '80年代の少年ジャンプで… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/08/14(Sat) 20:43
連載は読んでいましたが、アニメのほうは…
↓そんなわけで、衝動買いしました。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/f59b241b7a280daaf74069f80364ed78

試験勉強の合間に視聴して、やっと最終回まで観ることができた。
原作と多少の違いはありますが、面白かったですね。
だけど、題材がマニアックなだけに、少年ジャンプでの長期連載は難しかったのでしょう…

一度でいいからホンダのシティ(初代)には乗ってみたかったです。
懐かしいですね。
テレビはけっこう観てました。

[609] 旧版のジャプリゾ「新車の中の女」なんてすごかったから - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/13(Fri) 18:45
カトリーヌ・アルレー面白かったですか。「フランス野郎」の書いたミステリについては一家言あると思っていたので、ちと意外(笑)。

フランスミステリだから、編集者による原本との突き合わせが困難で、訳文がアチャラカになっちゃった可能性も疑おうと思えば疑えるのがつらいところですなあ。サンリオSF文庫みたいに……。
面白かった・・・と断言するほど面白くはなかったですよ(笑)
訳に問題がある可能性は否定できませんが、読んだ感じでは主に本文に問題がある気がします(笑)

[608] ピカード シーズン2 - ミソニコフ [東海] 2021/08/13(Fri) 14:31
もうご存じかと思いますが

ピカード シーズン2のキャスト
ブレント・スパイナー、ジョン・デ・ランシー確定だそうで
スン息子じゃなくてデータ復活濃厚な気がします。
Qが指パッチンで何とかしそうな データのデータを復元とか
データ復活してほしいですが、シーズン1の流れからすると復元は難しいかとも考えています。
今更スン息子のためだけに出演は無いかとも思うので、またピカードの回想か?
新たなデータが創り出されるというのもありかも。
でもまた口笛の練習からというのもしんどいな(汗)
なにしろQがいるのでなんでもありですけど。

[607] ラジオ小説 - ミソニコフ [東海] 2021/08/12(Thu) 09:01
シャドー81(新潮文庫)昭和53年8刷 書棚にありました。
この本を買った動機ですが 当時ラジオで小説をドラマ仕立てでシリーズ放送してたのをドライブ中に聴いて引き込まれました。
ラジオで毎回聞いて完走など出来るはずもないので書店で探しました。文句なしに面白かったですね。

ラジオ小説で同じ様に引き込まれ買った本では、荒巻義雄「神聖代」
・・・荒巻義雄ググったらまだ存命だった(汗)
81・・・あれをラジオで聴いたら臨場感があって面白そうですねえ。特にカーラジオというところがなんとなくいい(笑)
それにしてもこんなにみんな面白かったと言っているのに、あの著者の作品がこれ1冊というのは残念ですねえ。

荒巻義雄はこれまで遭遇してなかったのでよく知らなかったのですが(架空戦記の人と思ってた/汗)、なんだかすごいいろいろなものを書いてるんですね。
「神聖代」も面白そうです。
88歳か〜〜〜〜〜

[606] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/11(Wed) 23:54
ロー○ン ロー○ン お話が長いのね
そうよ グ○ンも長いのよ〜♪

ローダンは、最初の10巻が勝負です。あそこを乗り切ったらドはまりする可能性大です。5巻くらいで「ああ、こういう小説なのか……」って見切りをつけて切り捨てることができたら、その判断は正解です。基本的にああいうノリの話が何百巻と続きます(笑) わたしは130巻ちょいまで読んだところで、全巻揃っていた中学校を卒業すると同時に、グインとともに忘れることにしました(笑)
いい歌ですな(笑)

ローダンは・・・ヤフオクで1〜220巻のセットを落札したので手遅れです(汗)

[605] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/08/11(Wed) 21:19
シャドー81は面白いですよね。昔、海外旅行をする友人にフライト中にどうぞと薦めたら、しばらく口をきいてもらえなかったことがあります(笑)。

未プレイゲームブックをプレイするなら、まずは西東社かエムアイエーで肩慣らしするのがおすすめですよ。イラスト重視でめちゃ簡単やし(笑) 「ザ・麻雀」とかいいんじゃない。
面白かったです。
しかしあれを薦められて口をきいてくれないというのは不思議ですね。
化夢宇留仁だったらぜひ空の旅のスパイスとして読みたいですが(笑)
最近化夢宇留仁の流行りは文庫本をヤフオクで落札することで、毎日のように荷物が届き、読む速度が追いつかない状態で、ゲームブックに手を出すのがまた遅くなりそうな気配です(汗)
なにしろあのローダンシリーズにまで手を出してしまって・・・(汗)

[604] ★◆◆ - 藍屋 伝一 [関東] 2021/08/11(Wed) 10:06
お気に入り文庫本表紙
これは流行る予感!
シャドー81、飛行音が聞こえてきそうっすね。TX75Eは、架空機体のようですが、読んでるとベースになってる機種とか分かるのでしょうか?
なんでか化夢宇留仁は文庫本が大好きで、それが高じてこのようなコンテンツができてしまいました。
シャドー81の表紙は実は新潮文庫版の方が好きなのですが、掲載している早川版もかっこいいです。
TX75Eに関しては「記録&感想」に感想を追加しましたのでそれをお返事に変えて・・・。

[603] あの時の気力… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/27(Tue) 12:05
ブログを解説した時…

『よし、手持ちのFFシリーズの全ての冒険記を書くぞ!』

なんてことを言っていましたが、未だに32冊の半分も終わっていない状態…
せっかく集めたのだから、存分に堪能したいと思っていますが、
そんな時間が取れないのも事実です。
ただ、なるべく悔いは残さないように頑張りたいですね。

とりあえず今年の試験が終わってから検討しましょう。
来月には願書提出、受験料は20000円弱ですので、
無様な結果を出すわけにはいきません。
しかし、どうなることやら…( ;∀;)
がんばってください。
化夢宇留仁も見プレイゲームブックを・・・(汗)

[602] すごく嫌ですが… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/25(Sun) 17:20
サービス業の従業員という立場上、やはり万が一の感染を考えて、
コロナのワクチンを打つことになりそうです。
強制ではなく、任意なんですけどね…
他の従業員たちが『打つ』って言っていますから、致し方なく…
化夢宇留仁はここ数年脳が原因と思われる「めまい」に悩まされているのと、最近ちっちゃい脳動脈瘤が見つかったこともあって、怖くてワクチン打てません(汗)
コロナになっても死ぬ。
ワクチンの副作用でも死ぬ。
めまいで階段から落ちても死ぬ。
クモ膜下出血になっても死ぬ。
死ぬ死ぬあ〜〜〜死ぬもう死ぬ

[601] FFキター - ポール・ブリッツ [関東] 2021/07/21(Wed) 23:12
SNEの新訳版5冊セットがついに家に来た。

感無量ではあるが、ここまでお布施したんだから、SNEはきちんと「火吹山の魔法使いふたたび」を1800円くらいでバラ売りすべきだと思う。

セットで買ったわしらは明日のFFシリーズの再生のための捨て石になる覚悟じゃあ! 本のくせにDVDボックスみたいな箱と値段したけどそのくらいは耐えてみせる! 未訳のFFシリーズもどんどん邦訳してくれえ!

一冊480円だったらなおうれしい(笑)。
化夢宇留仁のところにも届きました。
買わないつもりだったのに・・・・(汗)

普通の価格で未訳のシリーズを出していってほしいですね。

[600] とりあえず - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/19(Mon) 15:45
20巻に到達しましたので、童話のレビューは終了です。
ランプを点す女性の挿絵が素晴らしいです。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/9b3fe1186c52412d5d14f17aa1275bf0

残りの三冊は日本の民話ですが、後回しにすることに…

↓先日、またしてもリサイクルショップで見つけることができました。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/8c6bb824d127b24603c9fa7bb51ef423

このキットが店に並んでいた頃、私は小学生でした…
当時の小遣いではアリイの300円のキットが精一杯でしたので、
イマイのバルキリーは高嶺の花でしたね。
ノスタルジーに浸る為に買うのはいいのですが、一生のうちに消化できるのか?
ストックが貯まる一方です…(本気で早く組まないと!)

ゲームブックの冒険記… プラモ… 小説の熟読… 観たいアニメも…
せめて体が五つほどあれば…

童友社のダグラムは買っておくべきだったと後悔しています…(・・;)
なんかやたらにリアルな絵柄がまじりますね。

化夢宇留仁ももはや所有しているプラモを全部作るのは無理な気がしてきています(汗)
小説も全部読めそうにない・・・(汗)

[599] ラッドハルク - 最後の戦士 [東北] 2021/07/18(Sun) 13:35
FF26 甦る妖術使いの 3 で「ラッドハルクが君の首の骨を折ってしまう。彼らにしてみれば、ご主人様へ献上する剣を手に入れるほうが大切」とあるが、ラッドハルクの『ご主人様』って、何者?
未プレイなので全然わからないのですが、単なる飼い主では(笑)?

[598] くどいですが… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/15(Thu) 00:51
私自身、リアルタイムでマクロスを観ていた世代ということもありまして、
やはり昭和に発売されたキットも大切な財産です。

↓アリイ製品の中では出色のキット(初版ではなく、再販)

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/e39afc339b0159d85678878049001661

↓こちらは'97年の再販ですが、機体のイラストも説明書も当時のまま…
このキットの箱に描かれたミンメイも昭和の頃のイラストの流用ですね。
懐かしい感じのパッケージングが嬉しいです。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/9f656c971e6191b69ed66d6d9c4dde74

これらのキットの箱を眺めているだけで時間が過ぎていく…
昭和に生まれて良かった…(遠い目…)
今では入手困難ですので、作るのが惜しいような…
だけど、転売の為ではなく、組む為に買ったんですよね。
いつか徹底的に手を入れてやろう!
最近そういう需要を見越した商品も増えてきていますね。
童友社のダグラムセットとか。
化夢宇留仁もエルガイムの旧キット再販のやつとか買いました。
ほんとはB級ヘビーメタルがほしいんだけどな〜〜〜・・・

[597] ◆★◆ - 藍屋 伝一 [関東] 2021/07/13(Tue) 16:08
プラモデル&フィギュア塗装コーナーの隠秘姉さんがお茶目でよかったです。
服の発色など鮮やかな感じがするのですが、やはりシタデルカラー導入は制作しやすさや出来栄えに影響がありますか?
隠秘学者ってどういう人か想像つかなかったのでああなりました(笑)

シタデルカラーは制作しやすさ、出来栄えともに大きく影響していると思います。
やはり隠蔽力が高いので塗り重ねの回数が減るのと、変な粘りがないのでドライブラシもやりやすいのと、ビンナマ(筆先にほんの少し水はつける)で塗ってると手軽です。

[596] 私にとって偉大な模型メーカー - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/12(Mon) 10:19
もうプラモの販売をしなくなって久しいですが、タミヤやハセガワやイマイよりも偉大だと思うメーカーがありました。
それはニチモです。
マクロスのピタバンシリーズで初めて名前を知りましたが、様々なジャンルの模型を販売していたんですよね。
特にカーモデルは食指をそそられていましたが、やはり小遣いが…
航空機モデルなら1/20のセスナが有名です。

ニチモ、オオタキ、ナカムラ、ニットー、マルサン…
懐かしい名前が頭に浮かんできます。

そういえば、ナカムラのカーモデルのボックスアートも素晴らしかった…
もしリサイクルショップで見つかることがあれば、迷わずに『買い』ですね。
ニチモはどこで聞いても評判いいですねえ。
こんなに評判いいのに消えてしまったのは、やはり一時期のスケールモデル冬の時代を乗り切れなかったんでしょうねえ。

化夢宇留仁は今の所カーモデルに手を出す予定は無いです。1/35で出たらなんでも買うのに・・・

[595] 結局… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/12(Mon) 10:13
タミヤのF-4B(1/48)を買ってしまいました。
家電量販店の玩具コーナーで実物を見た途端、無我の境地でレジへ…

当時(昭和)のマクロスシリーズは入手困難になってしまっています。
可変バルキリー、スーパーファイター、バトロイドなどは何回作っても楽しいのですが、
もう再販は絶望的でしょうね…

デッドストックを減らすのも惜しいので、とりあえず↓でも作ろうかな。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/0492f6960e09045c5078d3ad72f83dd7

ハセガワのマクロスシリーズの中ではパーツ数が少なく、組みやすいキットです。
タミヤのやついきましたか!うらやます。
化夢宇留仁はその前に先日届いたファインモールドのやつを作らなければ(汗)

マクロスゼロは音楽は好きでした(笑)

[594] 確かに最近のキットの進化は著しいですが… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/10(Sat) 12:29
マクロスのプラモですが、'90年代の頃まではアリイやバンダイ(旧イマイ)のキットしか無かったので、モナカキットとは縁が深いです。
それらの中でも作っていて楽しかったのは、↓のキットですね。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/f1d9106a6ead52cc4d5e4e9aac901ce2

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/f45b6657ab7538198b5bea797abb67b1

特にスーパーファイターのキットは、機首部分以外はイメージが良いので、何回も作りました。
可変バルキリーの複座型に不要パーツとして単座型の機首も入っていますので、
それを流用していましたね。
バトロイドもスーパーファイターもハセガワから出されていますが、
まだ当時のキットもストックがあります。
'80年代を思い出したくなった時、また作ろうかな…

昔のキットは本当にモナカ割りが多いので、合わせ目が消えた時の嬉しさは格別ですよね。
どっちも味わい深いキットですねえ。

合わせ目を消すのって、プラモの楽しさの大きな部分を占めてると思います。それをやってこそ自分の作品感を味わえると言うか。
まあ成型色仕上げのときは合わせ目は見なかったことにしてますが(汗)

[593] アリイのバルキリー - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/07(Wed) 14:06
アリイのバルキリーはイマイと比べて印象が良くありませんが、
1/100ファイターバルキリーだけは例外とされています。
アリイ(現マイクロエース)は自社で金型開発をせず、販売だけの会社ですので、
恐らく金型はLSではないかと…

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/38fb237a1a57f18aa70b8e43c125c96d

↑これだけのキットを持っていますが、またリサイクルショップで1/100ファイター(VF-1S)を見つけました。
'80年代の初期版や再販版ではなく、15周年記念版(1997年)です。
定価が500円、購入価格が300円(税別)なので、悪い買い物ではないと思いますが、
またストックが増えてしまった…
もっとも、駿河屋などでは3000円ほどで売られていますからね(状態が良ければ)

童話のレビューが終わったら、プラモの記事も書きたいです。
バルキリー沼も深いですねえ。

化夢宇留仁はZガンダム、シャイターンともに塗装に手間取っていてまだ完成しておりません。

[592] エデュアルドのMig - MOSSAN [なんかその辺] 2021/07/07(Wed) 13:34
たまに寄るホビーやフィギュアのリサイクルショップでProfiPACK版を見ました。
1/72とはいえ、カラーエッチングやマスキングシートも付いて中古価格が1600円ほどとは…
新品の実売価格も2400円ほどらしいので、破格ですね(機体が小さいのかな?)
キャノピーのクリアパーツは円形のランナーでしたので、プラッツの金型ではない可能性も?
クリアパーツのランナーは1/48のマスタングも円形になっています。
これはエデュアルド風の拘りなのでしょうか。
プラッツの製品はほぼ全て他社金型だったと思います。
他社の製品にデカールなどの付加価値をつけて販売しているイメージ。
円形のクリアパーツランナーはなんだか楽しいので好きです(笑)

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

記事No 削除キー

- G-BOOK -