化夢宇留仁の異常な掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [過去の過去ログ(準備中)] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
参照先
居住地    イメージ   [アイコン参照]
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー
メッセージ

   削除キー (記事削除時に使用)

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |


[725] 失礼。書いてなかった - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/18(Mon) 19:48
ポート・ブラックサンドで朝令暮改が当たり前なのは「税金」で、通行証と許可証は「さまざまな状況下に対応するため複数必要」ということしか書かれてませんでした。

とはいえ、ほとんどすべての行動に対して別々なものが必要である通行証を「木片」で作ると当局による予備もたいへんになると思われるので、やっぱり「紙片」じゃないかなあ。
化夢宇留仁も紙案に一票です。
そしてそういうののチェックをしているのがサワベリー&ファットノーズみたいな連中なんでしょうな。
彼らに見つかったらどんな許可証を持っていても色々巻き上げられそうですが(笑)

[724] ポート・ブラックサンドの通行証 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/18(Mon) 19:32
ポート・ブラックサンドの法律はアズール卿の気まぐれによる朝令暮改が当たり前で、しかもそのたびに新たな通行証が発行されると「タイタン」にありますから、たぶん「紙」だと思われます。木片だとゴミの処理がたいへんなので。

これについての細かい情報をこないだ出たAFFのモジュール「ポート・ブラックサンド」で捜したけれど記載されてなかったのは残念……。
そういえばタイタン世界の「紙」は木材原料からできてるんですかね?
実はやたらに科学文明進んでるからそんな気はしますが。
ゴミの処理はそもそもする気がなさそうな気も・・・(笑)

[723] 野田先生が書いてましたけど - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/18(Mon) 19:24
まあ「銀河辺境シリーズ」、正編のほうが「日本からの要求」による「後付け」ですからなあ……。

もともとは、バートラム・チャンドラーの「銀河傭兵部隊」などのスペースオペラを日本に早川書房が紹介するに当たって、

「この主人公のグライムズいうおっさん、なんかバックグラウンドあるんですか?」

と日本側から打診したところ、「銀河辺境への道」とそのほか数冊をチャンドラーがもってきて、それを翻訳出版したら、チャンドラー乗ってきちゃったのか、その続編を次から次へと発表、延々続く一大シリーズとなっちゃったとさ、という……w

だから実際は「正編」は外伝のほうなんですよね、どっちかというと。

ウソだと思うなら、ウィキペディアの各巻の発表年度を見てみなさい(笑)
化夢宇留仁もそのへんの事情は解説とかを読んで知っているのですが、どちらかといえば翻訳出版側に対する皮肉と取ってもらえれば。
そういう内容であれば、なんでそういうシリーズ名にしたのかと。
ああ、あそこまで続くと思わなかったのか(笑)

[722] 通行証 - 最後の戦士 [東北] 2021/10/17(Sun) 12:14
キャラクターコレクションの商人のところでの売買許可証は、「小さな木片」で「真ん中に商業ギルドの紋章が焼きつけてあり、それを取巻くように4人の署名がある」。

これを見て思った。ブラックサンドの商人用の通行証の材質(木片か? 紙か?)や大きさは?
わかりません!

[721] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/10/15(Fri) 23:08
読んだと思っていたのは、私の幻想でした(笑)
街で見かける若い美しい女性に心を惹かれたものの実は、自分の母親だったという短編があったはずなんですが、、、 時の女神とは違いますね。

忘れられない短編もありますがどの本に入っているのか分からず探すのも面倒でbookoffに出しました(笑)
割と気に入ってたのは
乗越駅の刑罰
化夢宇留仁の持っている中では「乗越駅の刑罰」は新潮文庫の「将軍が覚醒めた時」と「懲戒の部屋」に掲載されています。
しかし母親に心惹かれるという話は載っていなさそうでした。
化夢宇留仁もそういう話を読んだ覚えはかすかにあるのですが・・・(汗)

[720] 忘れようとしても思いだせない - ミソニコフ [東海] 2021/10/15(Fri) 10:30
ミレニアム2,3 DVDポチりました。amazonでレンタル落ち品探せば安いの有りますね。1,2,3セットも有ります。
全て完全版で揃えるのは諦めました。

幻想の未来 読んだと思ってましたがケムさんの感想見るとどれも憶えが無いです。
「時の女神」は、ググると自分の記憶と違う。世にも奇妙な物語でTVドラマ化されたのも観た憶えは有りますがそれとも違う。
何だったんだろう?と思っても筒井康隆の本は、大量にBookoffへ持ってきましたんで確かめようが無いです(汗)
手元に残した筒井康隆作品
脱走と追跡のサンバ、俗物図鑑、時をかける少女、緑魔の町、ミラーマンの時間
化夢宇留仁も観る時はレンタル落ちにします。

>幻想の未来
・・・不思議ですね。思いつく理由をリストにしてみました。
1.「暗黒世界のオデッセイ」と間違えた
2.「旅のラゴス」と間違えた
3.「霊長類 南へ」と間違えた
4.「にぎやかな未来」と間違えた
5.そもそも化夢宇留仁がデタラメを書いていた(笑)

[719] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/10/14(Thu) 23:53
私のブログにリンク貼りました。
バナー画像は、使えない仕様ですのでテキストタイトル「化夢宇留仁の異常な愛情」としました。

ミレニアムシリーズ3まで完読しました。
2、3各上下巻4冊で一つのストーリーでした。トータル2,100頁程
ミレニアム1より手こずります。こいつ誰だっけ?が最後まで、、(汗)
面白いです 抜群に 俄然映画の方も観たくなりましたがブルーレイ、DVD日本語版の入手が課題です(汗)
ありがとうございます〜〜〜♪
こちらからもリンクさせていただきますね。

ミレニアムすごいボリュームですね。
ちょっといつになるかわかりませんが、その内化夢宇留仁も読みます!
こいつ誰だっけ?となるのが最初からわかっている場合は、昔はキャラクターが出てくるごとに似顔絵を書いたりしてたなあ。
あ、ハルヒ読み始めましたよ。昨日3巻を読み終わりました。
mixiに日記を書いているので、その内こちらの記録&感想に転記します。

[718] K映画のせいでしょうねえ - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/14(Thu) 22:29
横溝正史が金田一耕助でやりたかったのは、

「日本でアガサ・クリスティをやりたい」「日本でディクスン・カーをやりたい」ってことだったみたいですから。

で、日本でクリスティやカーをやろうとすると、どうしても背景設定がうさんくさくなるという(笑)

そこに角川商法がつけこんで(笑)

NHKがこないだやっていた金田一シリーズも、もしかしたら、デビッド・スーシェ主演の「名探偵ポワロ」みたいな上品で知的なドラマシリーズを金田一耕助でやりたかったんじゃないかなあ、と……。しかし金田一だからああなる(笑) たぶん社会が悪いんや(笑)

いやー、ミステリファンに金田一の話振ると長くなりますなあ。すみませんこんなに話して(^^;A
そうみたいですねえ。
まあその結果本が売れに売れて老後もゆっくり執筆できたと思えば悪くない・・・?
でも化夢宇留仁の職場の人も横溝正史の名前は知っていても(未読)エログロホラー作家という印象だったみたいだし、読まず嫌いを増やした原因にもなっていそうですね。

金田一に上品なミステリーは許さない社会(笑)
でもあの孫のマンガは上品そうでしたね(笑)

化夢宇留仁はこれまで全然知らなかった横溝の魅力を知れたのが嬉しいので、また色々とご教授ください。

[717] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/14(Thu) 22:09
イヤそりゃ江戸川乱歩先生のほうが古いです(^^;)

横溝正史が編集長やってたときは、すでに乱歩先生は「大御所」的存在になってたんです(^^;)
あ、やっぱりそうなの(笑)?
そうか当時横溝はあくまで編集長であって作家としての名声はそれほどでもなかったのか。

全然関係ないようなあるような話ですが、ここ最近本を2冊読んだだけで、化夢宇留仁の横溝正史に対する印象は大きく変わりました。
ほんとに胡散臭い作家(笑)なイメージだったのですが、1人で真の道を探し続ける超王道系に(笑)。
これから色々読んでいったらまた変わるかもしれないですが(笑)

[716] どうでもいいことだけどミステリファンとしては横溝トリビアを書かねば気が済まぬ(笑) - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/14(Thu) 21:45
横溝正史はあの「新青年」の編集長を務めていて、江戸川乱歩の「陰獣」が発表されたときは猛烈にプッシュして新青年を何回も重版させるほど売りまくったことで有名。

巷でザ・戦前作家みたいな扱われかたをしている小栗虫太郎のデビューは、喀血で倒れた横溝正史の作品の穴埋めとして急遽掲載された「完全犯罪」。のちに横溝正史は「自分が倒れたときはどうなるかと思ったが、これ以上のピンチヒッターがいただろうか」と回顧している。

横溝正史の戦前の作品は、論理のキレは相変わらずだが、それ以上に怪奇幻想色が非常に強い。さらにそこへ戦中の「探偵小説禁止令」が出たことで、取り締まりのゆるかった捕物帖を山ほど書いて糊口をしのぐことになり、敗戦後「おれも英米みたいな論理重視の探偵小説を書くんだ!」と全力で取り組んだのが、いまも神品と称えられる「本陣殺人事件」「蝶々殺人事件(これは由利先生もの)」「獄門島」……と続く一連の作品。
化夢宇留仁はなんとなく横溝正史よりも江戸川乱歩の方が古いイメージだったんですが、逆だったんですねえ。
ちうか横溝ってマジですごい人ですよね。
化夢宇留仁に横溝に対する変なイメージが染み付いているのは、やっぱり映画のせいだろうか・・・。

「探偵小説禁止令」のあとのロジックミステリーへの欲求については八つ墓村の解説でも書かれていました。
なんだかあのへんエネルギーほとばしってますよね(笑)

[715] 【悲報】 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/14(Thu) 21:05
本陣殺人事件は金田一耕助のデビュー作であり横溝正史のデビュー作ではない(^^;)

横溝正史のデビューは戦前やで(^^;)

ちなみに有名どころのシリーズ探偵では由利先生とか人形佐七とかがすでにいて名声はすでに確立しており、金田一耕助はニューフェイスなのだ(笑)
おおおう!ほんとだ(汗)。
すみませんご指摘ありがとうございます。
修正しておきます。

[714] ギャビン・ライアルの小説って - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/13(Wed) 12:28
ギャビン・ライアルの小説って、なんか、

「読み手がじじいになればなるほど面白くなる」のではないかと思っております。

高校生のころ読んでピンとこなかった「もっとも危険なゲーム」って小説、

40を越えてから読んだらメチャクチャ面白かったからなあ(笑)
化夢宇留仁とほぼ同じパターンですね。
実践例が2件もあるということは、「読み手がじじいになればなるほど面白くなる」のは間違いなさそうですね。
70越える頃に再読してみます(笑)

[713] のそのそ深夜に起き出して - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/12(Tue) 22:38
たいていの本では「美談」として書かれるガードナーの銃買ってたエピソードですが、

よくよく考えると、法律家のガードナーは、アメリカの向かう「訴訟社会」というものをよく捉えていたのかもしれませんね……。

「おれの銃だまって使いやがって。モデル料払え」ってなって判例が確定したらたまったものじゃないわけです。

ガードナーはそれを見越して先に手を打ってたんじゃないかな、といま改めて思いました……。

それと、「カナリヤの爪」事件が1937年だったら、メイスンが「桜の咲くころに日本を訪れよう」っていってるのが別な響きを持ってきますね……。

まだ平和なうちの日本に来て欲しかったでありますなあ、メイスン……。

結局初来日でゴジラに襲われて逃げ惑うことになってしまいましたからねえ……(それは米国版ゴジラ!(註:ドラマ「ペリー・メイスン」で長年にわたってメイスンを演じたレイモンド・バーは、円谷監督の「ゴジラ」の英語版で、狂言回しのアメリカ人記者を演じている))
それもあるんでしょうねえ。なにしろ専門家ですし。
一番謎なのが、なぜガードナーは作品に出した銃の登録番号をいちいち作中で明示したか?ではないでしょうか。
そんなもの書かなくても「その番号は〜」とかですませられるのに(笑)

>別な響き
・・・全くです。
それにしても戦前の日本にまで停泊する世界一周旅行って、ものすごいロマン旅ですね。
レイモンド・バーはアメリカ版1985年ゴジラにも引っ張り出されてるようですね。可哀想(笑)
この人なんだか怖いイメージがあると思ったら、「裏窓」の犯人なんですね(笑)

[712] 本はさっき届きましたです - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/12(Tue) 13:58
たしかに受け取りました。ありがとうございます。

1964年は翻訳された年でしたか(^^;

でも「戦前」に、そんな社会築けてたって、アメリカの豊かさすさまじいですな(^^;)

そりゃ軽工業しか売る物がない極東の島国が戦争ふっかけたら負けるわな(^^;)
届いてよかったです。

「カナリヤの爪」の冒頭のコピーライトでは元が1964年で、文庫は1977年初版になっているのですが、wikiでは元が1937年となってました。
どうやら翻訳元の本の方が再販されたものだったようです(汗)
それにしてもほんとにますますアメリカの凄さが際立ちますな。
日本じゃ当時、自動車の運転ができるだけで特殊技術者扱いだったのに・・・(汗)

[711] ガードナーで好きな逸話 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/11(Mon) 14:08
マニア「「○○」という事件で、メイスンが指摘した人物は犯人ではあり得ません。
なぜなら、この事件で出てきた「××」という登録番号の銃は、メイスンが関わった「△△」という事件で証拠物件として裁判所がすでに押収しているからです。
誤審ではないんですか?」

ガードナー「指摘を認めます。わたしは有罪です。
作品を書くにあたって、わたしは作中に出てくる銃を実際に買って、その番号を作品に使っていました。
「そのような登録番号の銃は存在しない」と指摘されるのがいやだったのもありますが、
万一わたしが作中で使った銃をほんとうに持っている人がいたとき、
その人が心ない人から非難されたり、なにかの事件に巻き込まれたりするのがいやだったのです。
こうして、わたしは一挺一挺銃を買っていましたが、
たくさん書いているうちに家の倉庫が銃でいっぱいになってしまい、
やむなく、過去の作品で使った銃を再登場させてしまったのです」
バカ正直くん(笑)
銃で一杯の倉庫というのもすさまじいですね(汗)

全然関係ないですが、化夢宇留仁は著者近影のガードナーの顔が気に入ったので、メイスンの顔はガードナーの顔を想像して読んでます(笑)

追記:カナリヤの爪にとんでもない嘘を書いてしまいました(汗)
書かれたのは1937年でした(汗)
帰ったら修正します。
それと、これも忘れてましたが(汗)、本は昨日発送しております。

[710] ペリイ・メイスンが面白そうだったので - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/11(Mon) 13:25
古本屋へ出かけていってガードナーのA・A・フェア名義の「バーサ・クール&ドナルド・ラム・シリーズ」を8冊大人買いしてきてしまいました……。

よむぞ〜!
ごうつくババアと若きイケメンのコンビって、この著者に書かせたら滅茶苦茶面白そうですね!
化夢宇留仁も1冊だけ「寝室には窓がある」というのを持っているので、読むのが楽しみです♪

[709] なんか責任を感じる - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/09(Sat) 23:23
お疲れですか? ケムウルジンさん。

やっぱりあの同人誌はお気に召しませんでしたか……?汗
疲れているのは別の理由ですので責任は感じる必要はありません。

同人誌に関しては、すでにリストに並んでいるし児童書ではないという条件も満たしていますので、交換はさせていただきます。
お気に召す召さないを言えば、3冊とも化夢宇留仁が集めたいと思っていたゲームブックとはなんか違うのも確かですが(笑)、どれも条件は満たしています。

[708] 目移り - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/09(Sat) 14:55
スケールこそ大きいけど、本音を言うならMGのガンプラのほうが気楽なんですよね。
私の場合、MGやHGUCは簡単フィニッシュ以上のことはしないからです。
だけど、1/20バルキリーを購入して以来、無性にファイターバルキリーが作りたくなってしまった…
『MGガンダム3.0を作りたい』と言っていた自分はどこへ…?

とりあえずバルキリーに集中してみよう。
そうですか・・・。

[707] 久々に作るなら - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/09(Sat) 14:31
↓パーツ構成がシンプルな故、弄りやすいキットです。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/72f72d1a691eabd3ebe65b434158a4bf

1/48や1/72よりも気軽に組めるのがいいです。
唯一のネックは入手困難ということですね。
'97年のマクロス15周年以降、全く再販されていませんので…

まあ、眠り続けるよりはいいでしょう。
エアブラシやサーフェイサーを用意しなくては…
そうですか・・・。

[706] 記事のネタに詰まったら - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/07(Thu) 11:10
↓こんな漫画の記事を書いてみたりします。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/8da0a279bf92d4439d5ce352581fe871

子供の頃、必死に真似をした人もいるのでしょうね。
そして『騙された〜!!』と嘆く…
これも規制の緩い時代を思い出させてくれる作品です。
そんなのもあったんですねえ。
化夢宇留仁はちょっとそのへんはずれているので、ゲームセンターあらししか知らないです。

[705] 同人誌タイトル誤記失礼 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/04(Mon) 12:13
「ぶっくまーく」に、「まりたんの冒険島」でした。タイトル誤記申し訳ないっす(汗)
わかりました!

[704] ゲームブック交換 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/04(Mon) 12:01
メリッサ・ヘクシャー「ツキアウか、ワカレルか。―運命の人と出会うための恋愛ゲームブック」

ゲームブックはそもそも、T&Tのデザイナーたちが婦人雑誌に載っていたフローチャートをパラグラフ形式に書き起こしたことに始まる、
という説がどこかで唱えられていたが、まさにそれを地で行く、
「婦人雑誌の恋愛相談フローチャートをパラグラフ形式に書き起こしたようなゲームブック」である。
質問に対して付き合っている彼氏の行動を答えていく形で選択肢を選んでいく本で、
「こういう選択肢になるような男なら別れた方がいいんじゃないか」という選択肢を選んでいくと、
当たり前のことではあるが「別れた方がいいですよ」というアドバイスが返ってくるので地味に精神にきつい(笑)
ゲーム性も小説性も極度に薄い実用書ゲームブックなのだが、
驚くのは本書が「2006年初版」だということだろう。出版社、本気でこの本が売れると思って出したのか(笑)
ブックオフの通販で110円で買った。

「ブックマーク」
駿河屋の通販で210円で買った東方プロジェクトネタの同人ゲームブック。
東方ものの同人誌なので、ヒロインがゆりんゆりんにいちゃいちゃするだけのゲームブックだと思っていたが、
予想は斜め下に裏切られた(笑)。とにかく話が陰惨なのである(笑)。
真の結末のほかにいくつかのバッドエンドがあるが、バッドエンドは読むと気分がダウナーになる(^^;)
さらに、挟まれているメモのQRコードからジャンプしないと手がかりの一つはつかめないが、
作者も「別に読まなくても内容はわかると思います」と書いてある通り、別に読まなくても構わない(笑)。
同人の旧作のコードなのでリンク先がどうなっているかもそもそもいま存在しているかもわからないため、
ジャンプはしなかったので詳細は不明(笑)。勇気あるならぜひリンクしてジャンプを(笑)。
ゲームブック同人誌がどんなものか知るということではコレクターは一冊持っておくべきじゃないかな、と……おも……ごめんなさい(笑)。

「まりたんの南海決戦」
駿河屋の通販で210円で買った同人ゲームブック。オリジナルらしい。
「ブックマーク」の質があまりにもアレだったので、本書も特に期待はしないで読んだが、
なんということか、「ブックマーク」をはるかに下回るアレぶりであった。(笑)
20パラグラフほどのほぼ一本道ゲームブックなのにパラグラフミスがあるということからもお察しくださいな代物。
内容も、「もしかしたらこんなやつがいるから日本の外交関係はうまくいってないんじゃないか」と思える代物で、
とても大人の鑑賞に堪える作品ではない。
まあこれも、ゲームブック同人誌がどんなものか知るということではコレクターは一冊持っておくべきじゃないかな、と……おも……え……うーん、ホントにホントにごめんなさい(笑)

本が折れるといけないので、封筒の厚みを保つために、下敷き2枚と、
ブックオフの通販で「もしかしたらこれもゲームブックなのか、と思って買ってみたらゲームブックでもなんでもなかった本」
を入れておいたので、まあ、お好きになさってください(笑)

交換として
「アルテウスの復讐」と、

同人誌が許容レベルだったら、
「ダークシティの戦い」
「ツァラトゥストラの翼」
をお願いしたいと思います。

土曜日の午前中に到着するはずです。
了解しました!

[703] テレビ版は<スペースコブラ - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/03(Sun) 13:46
主題歌も素晴らしかったですが、本編のBGMも良かったです。
やはり有名なのは〈死の行進〉でしょうね(Youtubeで聴けます)
因みに、私はサントラを持っています(中古で安かったので衝動買い)

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/25fa7dc65ed4683a8c2e5b7eb0349c9e

しかし、《西部警察》でも〈死の行進〉が使われていたという話は本当なのでしょうか。
《西部警察》のDVDは極めて入手困難なので、確かめようがありませんね…
化夢宇留仁もitunesにサントラは入っているのですが、古い音源で「死の行進」が入ってないバージョンでした(泣)
「西部警察」の話は初耳ですねえ。

[702] 昭和のアニメは - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/02(Sat) 13:57
残念なことに、サラマンダーを倒した後、終了してしまいましたが、
アニメの動きで他のエピソードも観たかったです。
過去のレディを救う、シバの鍵、六人の勇士などのエピソードは21世紀の技術でDVDになっていますね。
だけど、個人的にアニメで観たいのは、サイコガンが寿命で大破するエピソードです。
異次元レースも面白かったなぁ…
化夢宇留仁も後半エピソードのいくつかは観てみたいです。
そういえば最近のオリジナルアニメ版を観てないな。

[701] 無題 - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/02(Sat) 10:57
>特にエロい描写があるわけでもないし
実を言いますと、週刊少年ジャンプの連載時代にもベッドシーンがあったりするんです。
もっとも、プレイの最中ではなく、事後ですけれどね。
また、アニメ版では刺青の三姉妹の一人がヌードでカプセルに入れられていたり…

野沢那智とは別に、松崎しげるもコブラ役を引き受けたことがあるらしいですね(OVA?)
しかし、私も『コブラ=野沢那智』、『レディ=榊原良子』がベストだと思います。
ああ、ベッドごと空飛んでたような気がしますね(笑)

松崎しげるは映画版ですな。
なかなかよかったですよ。

[700] >全然色気が出せてない - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/02(Sat) 08:46
確かに言えますね。
理由は単純で、『作者の美人像=ドミニク』ということもあって、
同じような顔ばかりな気がするのもマイナスです。

ただ、色気が出すぎると打ち切られる可能性もありそうですね。
激しい色気を出せていないのが幸いして、アニメ化もOKされたのかも…
どちらにしても、今の週刊少年ジャンプでは無理でしょうけど…

ルパンの声優がコブラの役を受けてくれればと作者はオファーしたそうですが、
叶わなかったらしいですね。
私は野沢那智も素晴らしいと思いますが。
>どちらにしても、今の週刊少年ジャンプでは無理でしょうけど…
そうですか?特にエロい描写があるわけでもないし、最近普通に載っている作品の女性キャラクターの方がよほどエロく描かれている気がしますけどね。

>山田康雄
それは初耳・・・のような聞いたことがあるような・・・。
今となっては野沢那智しか考えられないですけどね。

[699] ごめんなさい… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/02(Sat) 00:03
際どいシーンってよりも女性キャラクターが官能的すぎるんですね。
申し訳ありません。際どいというよりは刺激的というほうが正しかったです。
それにしても、『クリスタル・ボーイ=妖怪人間ベム』だったとは…
それは化夢宇留仁とは全く逆の意見ですね。
あの著者はなんとか色気を出そうと頑張っているのに、全然色気が出せてないと思ってました(笑)
アニメ版では原作よりも露出度が減ってさらに(汗)。

「クリスタル・ボーイ」「妖怪人間ベム」・・・
そこは次元が出てくるところでは???

[698] 赤川次郎先生 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/10/01(Fri) 12:59
赤川次郎先生は製作スタイルとして、

「途中まで犯人を決めずに書き、終盤まで進んで「これが一番意外だ」と思える人物を強引に犯人にする」という書き方でやっていると語ってました。

どこまでが自己韜晦かはわかりませんが、まあ、当たり外れは仕方のないことかと……。
マジか〜〜〜〜〜〜(汗)!
そんな工程でミステリ小説って完成できるんですかね(汗)
ちなみに「良き隣人」の無茶苦茶さは終盤に至る以前に炸裂しまくっているので、今回に限ってはそれが原因ではなさそうですが。

[697] それは紛れもなく… - MOSSAN [なんかその辺] 2021/10/01(Fri) 12:06
またDVDを衝動買いしてしまいました。

https://blog.goo.ne.jp/blade-cusinart_1974/e/3489df41f3ce7441f474cc504720d458

原作と違う部分もありますが、楽しめる作品です。
しかし、ちょっと際どいシーンも…
昭和の規制が緩かったことを思い出させてくれますね。
化夢宇留仁も大好きですよ。特に前半。
しかしきわどいシーンなんてありましたっけ?
あ・・・カワハギ?

[696] 境界作品 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/29(Wed) 23:03
前にお送りした、ごま書房の「こんなときどうする新入社員
」とか「税務署員VS経理マンの知恵くらべ」とかみたいな、ハウツー本としての機能優先で、パラグラフ的にはひとつのつながりを持っているものの、小説やゲームとしての興味は極度に薄いゲームブックです。

今回読んでいる本は、ごま書房のあの二冊よりは一般的なゲームブックに近いし、パラグラフのつながりもまともに作られているし、ゲームブックだと副題にも書いてあるけど、「ゲーム」としてはどうなのか、っていう、まあ、境界作品なのであります。

コレクターが「珍作・怪作」として所持するにはいいのではなかろうか、と思います。
なるほど!
そう言えば当時はなんでもかんでもゲームブック形式で出てましたねえ。

[695] 作品がというより - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/29(Wed) 14:06
「女王陛下のユリシーズ号」が人気なのは、あの「分厚さ」と、謹厳な人間でも涙を浮かべずにはいられないあのズルいにもほどがある「和訳タイトル」の意味が大きいんでしょうな。

そしてその和訳タイトルがひどい誤訳もいいところの産物だという(笑) ※註:エリザベス二世の戴冠は戦後

それはそれとして、こないだまたブックオフで110円で境界作品ゲームブックを買いました。それなりに遊んだら、お送りしようと思います。わたしが五月雨式にゲームブックを買うのをなんとかしろ、といわれてももっともですが、この作品も「どうしてあの時期にこれを邦訳しようと思ったんだ」って考えること請け合いです(笑)
ほんまや(汗)
当時は「Her Majesty's Ship)じゃなくて「His Majesty's Ship」ですやん!
騙された〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(汗)

ゲームブック・・・了解しました〜〜〜♪
でも「境界作品ゲームブック」ってなんだろう(汗)?

[694] あれ(汗) - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/28(Tue) 13:57
ドラゴンスレイヤー、ダブって持ってたんですか? 悪いことしてしまいましたか……(汗)
いやいや、送ってもらった本を棚に入れようとしたら、なぜかすでに棚に立っているのが見つかってしまったんです(汗)
完全にこちらの手落ちなのでお気になさらず。

[693] ちょいネタバレ - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/28(Tue) 13:41
あれでリタイヤしたと思ったらエルンスト・エラートという不世出の男のゴキブリのようなしぶとさを知らない(笑) まあ知るのはだいぶ先ですが(笑)
なんかたま〜〜〜に助けてくれるみたいですね。
ハヤカワ2000に載ってました。
妖精さんですね(笑)

[692] ここまで火星を読んだなら - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/28(Tue) 00:54
当然、「火星の大統領カーター」も(笑)
注文しますた!!

[691] 「読まずに死ねるか!」は - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/27(Mon) 17:29
バイブルです。

「読まずば二度死ね!」まで含めて必読本でしょう。

パート3以降はまあどうでもいいですが(え?(^^;))
注文しますた!
価格¥3で送料¥350ですた(笑)!

[690] 健康診断 - MOSSAN [なんかその辺] 2021/09/27(Mon) 10:32
今年も診断の時期がやってきました(・・;)
本当に医者とか病院は何歳になっても好きになれません。
何よりバリウム検査が最悪なのです(体内に残ると最悪…)
やっぱり内視鏡に変えようかな…
そういえば化夢宇留仁の会社でもそろそろ健康診断がありますな。
バリウム下手に残るとお尻が大変なことに(汗)

[689] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/09/27(Mon) 10:09
ミレニアム1の舞台となる場所 文庫記載の地図とGoogleMAP対比したけど見つからず 架空の場所だった(笑)

ドストエフスキーの「罪と罰」にも文庫にサンクトペテルブルグの地図が載ってましたがこれは、現在と一致します。
主人公ラスコーリニコフの住む下宿も現存していて今でも住人が居ます。Googleストリートビューで見れます。
中々面白いミステリーでした。

ギャビー・ペティート事件続報 今回も最後の1行がグサリと刺さります・・・俺のことかと思う奴多いんじゃ(汗)
https://www.tvgroove.com/?p=78187
翻訳小説に出てくる土地って、しれ〜〜〜っと書いてるから架空かどうか判断つかないですよね(笑)

サンクトはさすがですな。
まあ変わらないのが存在意義みたいなところですからね。
名前はコロコロ変わるけど(笑)
ハバロフスク行ったときも、このへんは第2次大戦から全然変わってないんだろうな〜〜〜と思うところがたくさんあったなあ。

>事件続報
・・・こっちに刺さってるじゃないですか(笑)

[688] 言いたくても言えない(汗) - ミソニコフ [東海] 2021/09/25(Sat) 17:30
>・・・やっぱり端折ってたでしょ?
TVドラマならじっくり描くエピソードは、バッサリですね。
映画という時間制限で編集の苦労が窺われますね。小説とは違うアレンジもあってウ~ンなとこもありますが まあこれも有りかなと。。
今思うのは、原作知らないとテンポが速すぎて理解が追いつかないと感じますね。
それでも面白いと感じるのは女性の方の主人公のセンセーーショナルな部分に目が釘付けになる。ここが強烈に記憶に残る。
半分寝てても面白い(汗)
オリジナル完全版は、どうなのか楽しみです。
そりゃそうですよね。

>原作知らないとテンポが速すぎて理解が追いつかない
・・・そういうの多いですよね。
なにしろ映画を作っている人は内容を読み込んでいるので、最低限の情報に絞り込んじゃうんですよね。
化夢宇留仁もあとで原作を読んだらやっと意味がわかったというものがいくつかあったような気がします。

半分寝てても面白い映画はぜひ観たいです(笑)

[687] むろん - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/25(Sat) 13:27
むろん、

「ゲームブック死神の宿題―妖怪コロキューブ」は、

「緩衝材」として詰めました(`・ω・´)キリッ
読み応えの有りそうな緩衝材をありがとうございます(笑)

[686] 無題 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/25(Sat) 13:22
火星チェス、マニアが多いそうだから、駒と盤のセット、捜せばアマゾンかどこかで有志製作のものが出てるかな、と調べてみました。

……出てませんでした(^^;A

海外のマニア向けサイト、ボードゲームギークでも一つもヒットしなかったから、たぶんマニアは自作するので売ってないんだろうと思います(笑)
確かにありそうなのに不思議ですね。
スタートレックの立体チェスはあるのに(笑)
まあゲームのルールは一読したところあんまり面白そうじゃありませんでしたけど(汗)

[685] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/09/25(Sat) 12:04
火星のチェス人間 これ1冊買うならAMAZON中古本1択かな。
実家にあった文庫のカバーアートは、記憶にないですね。挿絵は、かすかに憶えてます。螺旋階段を這う蜘蛛のような昆虫生物。
講談社版は、「火星のくも人間」ですね(笑)
http://www.princess.ne.jp/~erb/mars05ko.html

「ドラゴンタトゥーの女」完全版DVDレンタル落ちポチりました。
ブルーレイ、DVD新品は、単品・トリロジー共に輸入品でリージョンBで再生不可っぽいですね。
音声スェーデン語・英語字幕でもとも思いましたが・・・
ハリウッド版は、PrimeVIDEOで購入しました。じっくり観ましたので小説との違いがよく確認出来ました。
読むだけならキンドルの電子版がアマゾンプライムでただで読めるみたいですね。
その挿絵は化夢宇留仁も印象的でした。すげ〜〜〜怖いですよね(笑)
ちうか講談社版超素敵ですね!
思わず買ってしまいそう(汗)

リージョンB・・・ブルーレイのリージョンフリープレイヤーも出ているようですが、そのためだけに買うのもねえ。
そういえば昔ヤフオクでロード・オブ・ザ・リングの3作目のブルーレイを安く購入しましたが、リージョン違いで見れなくて、今でもダンボールの中に・・・(汗)

>小説との違い
・・・やっぱり端折ってたでしょ?

[684] セミナー - MOSSAN [なんかその辺] 2021/09/24(Fri) 19:41
試験まで残された期間が少なくなってきました。
今日のセミナーで模擬試験を二回ほどやってみると、
120点満点中の70点と72点という散々な結果に…(合格は70点以上)
練習の段階なのに、この有り様では…
ああ、合格したい! そして勉強から解放されたい!

『受ける!』と言ったことを心の底から後悔しています。
ジュブナイルを読む時間が欲しいなぁ…
化夢宇留仁だったら合格ラインOK〜!と叫んで、それ以降は一切勉強しなくなるでしょう(汗)

[683] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/09/24(Fri) 08:52
ミレニアム1読み終わりました。なかなか読み応えがありました。1だけで完結したストーリーですのでスッキリとしてます。
うーん 映画は、寝ながら観てたんじゃなかろうか(笑)
映画見直したい。寝てたのか端折られてたのかの確認が必要
ハリウッド版は、PrimeVIDEOで有料 or ブルーレイ購入
オリジナル版は、PrimeVIDEOで予告編のみ可 本編は、配信なし ブルーレイ、DVD購入に課題有りブルーレイは、日本語版なし DVDは、高価 安価なものはレンタル落ち

リアルタイム進行中の事件がアメリカで話題ですね。ギャビー・ペティートでググると出てきます。↓これが一番
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0133ca61dc13b49471fe69af3ab1d59414e6129
映画で小説の情報全てを再現するのは困難なので、端折られてたのでは?
オリジナル版を見るのはちょっと大変そうですね。
ブルーレイは表記していなくても実は日本語字幕が入ってたりもしますが、実際に見てみないとわからないですね。

リンク先・・・最後の1行でビビりました(汗)

[682] お送りしました - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/21(Tue) 11:07
送りました。土曜日午前中に着くはずです。
了解いたしました!

[681] ゲームブック交換 - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/21(Tue) 00:28
まあ幼児退行もファンタズム・アドベンチャーのセッションやったら治ったので(笑)、ゲームブックの荷造りしました。

ゾンビーズ! ゾンビーズ!
ベッキーと魔法の扉
ドラゴンスレイヤー
七つの大罪ゲームブック 〈豚の帽子〉亭の七つの大冒険

の四冊をお送りしますので、

爆走バイク!アメリカ大陸横断レース
魍魎戦記マダラ 聖なる反逆者
黄金のデッド・チェイス
暗黒のピラミッド
妖魔館の謎(タダでいい、とおっしゃっていたのはウソではないな(笑))

の五冊と交換をお願いします。

なお、こちらで段ボールに詰めたのですが、隙間ができたので緩衝材を詰めることになりまして……OKWは緩衝材に適当なものがなかったら不用になったパンツを詰めろといっていたのですが、さすがにそれはバウアー様が「バカモン! 俺のケツをなめろ」と一括してくださったので、別なものを緩衝材にすることにしました(笑) 楽しみに待っていてください(笑)
了解いたしました!

[680] こみてぃあへいきました - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/20(Mon) 18:58
さんじゅっぷんたたずに、いちまんにせんえんがとけました。

ぼくわ、しょっくのぱーでようじたいこうしてしまい、そのままにげかえってきました。

けむうるじんさんにおくろうとおもっていたげーむぶっくは、やすいものでいっさつ1500えんだったので、そんなものをこうかんしましょうといってさしだしたら、かえってきょうしゅくしちゃうんじゃないかとおもったので、こうかんはやめることにして、じぶんのぶんだけえらんで3さつかったけど、それでも4500えんだからなあ。げーむぶっくもかねもちのほびーだよなあこれじゃあ。こうこうせいとかかわないよほんと。

げーむぶっくとこばやしげんぶんはたかいなあ、というはなしでした。とほほ。
1500えんのゲームブックがおくられてきたら、おなじくらいかちのあるものをおくりたいとおもいますが、そもそもほとんどざいこがありません。
でもさいきん、ふつうのぶんこのせっとにまぎれていたあくまぞくのはんらんがざいこについかされました。
さいきんのげーむぶっくのかかくはかんぜんにおかしいので、ほとぼりがさめるまでまつのがよいとおもいます。
それと、ようじはいちまんにせんえんはもっていません。

[679] さらにゲームブック1冊が来る - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/19(Sun) 20:14
駿河屋で注文した「ゾンビーズ! ゾンビーズ!」が来た。RPGの送料あわせに買った、400円だった代物。
で、やってみたが、思うのだが、この手のRPGプロパーによるゲームブック作品、どうして、こうも「ブレナンの悪い影響」を受けた作品ばかりなのかなあ、と。
つまらないジョークをゲームの途中に入れて自己満足にひたって何が楽しいのだろう、と思えてならんのだが……。
わたしが作るとしたら二者択一の一本道にしてスリルとサスペンスを味わわせるゲームにする。そのほうが面白いネタだろう、と思う。
ゲームブックでギャグは難しいです。
ブレナンはあらゆるところで読者の想像の斜め上を行っていたので面白かったのですが、あれは常人には無理でしょう。
自己満足はひたっている本人は楽しいのです。

>二者択一の一本道にしてスリルとサスペンス
・・・これはいいアイデアですね!

[678] ジュラシック・パーク - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/18(Sat) 16:37
あの小説は、大学を受験するときに、英語の勉強になるかな、と思って本屋で原書のペーパーバックを買って、半年がかりで最後のページまで読みました。

25%くらいしかわかりませんでしたが、ムヤミヤタラに面白い話でしたなあ。英語の勉強にはなりませんでしたが、英語の長文読解問題で文章がどかっと出てきてもちっとも恐ろしくならなかった効果はありました(笑)。

本はいまでも持ってます。
すごい!あの分厚い上下巻を(汗)!
そう言えば化夢宇留仁は未訳のオナー・ハリントンの新巻を訳そうとして10ページくらいで挫折しました(汗)

[677] トーラちゃん - ポール・ブリッツ [関東] 2021/09/15(Wed) 00:28
トーラちゃんはあまりにもツンデレが過ぎていて、読んでるとローダンが気の毒になってきて困る(笑)

全般的にドイツSF作家陣は女性登場人物の造形がアレなんじゃないかと思ってます(^^;)
トーラちゃんのツンデレもすごすぎるのですが、ローダンの対応も怒ってみたり、論破してみたり、突然愛してると言ってみたり、なかなか無茶苦茶で、気の毒なのは読者かもと少し思います(笑)

今の所ドイツ作家と意識して読んでいる本がローダンしかないのでなんともはやな感じですが、とりあえずローダンシリーズには自然な感じの女性は出てきませんな(笑)

[676] 無題 - ミソニコフ [東海] 2021/09/14(Tue) 23:45
高校生の他愛の無い話とも言えますが作者独自の時空間の捉え方が盛り込まれたこった内容とも言えます。
主人公よりも脇役達が時空を飛び越えて活躍するところが面白い話だと思ってます。
ただ各巻のどこにあるのかは、全巻読んでみないことには・・・
他愛の無い話も含めて楽しめるかどうかは、人それぞれ(笑)

BOOKOFFにライトノベル風の「密造人の娘」ありました。
冒頭部分を読むのに手こずった痕跡が本に残ってました(笑)
頁途中に鉛筆のチェックマーク
頁の角に3mm程の折り曲げ 本の断面を見ると中盤以降も
110円コーナーだったら買いましたが(笑)
ではハルヒシリーズも読んでみます。
これでまた読んでるシリーズものが増えるなあ(笑)

>冒頭部分を読むのに手こずった痕跡が本に残ってました(笑)
・・・涙ぐましい(笑)
ちうかアマゾンの感想欄でも登場人物が多くて苦労したという感想ばかりですね。
化夢宇留仁だけかと思ったらみんな同じだったんだ(笑)

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

記事No 削除キー

- G-BOOK -