トワイライト・シンドローム〜卒業〜

 ホラーゲームの映画化作品。
女子高生達が怪奇現象に遭遇する。

  感想をいう余地も無い見事な作品(汗)。
ひたすら酒井若菜の胸だけが見所か・・・その若菜も特に可愛くはないのがなんとも(汗)

20030606

 

 

 


RED SHADOW 赤影

 戦国時代、大名東郷のもとで天下統一のために暗躍する忍者集団影一族。 
その彼らに京極城で開発された新式兵器を偵察する任務が下る。

 ドリフでした(笑)。
悪い意味で(汗)。
唯一いいところが麻生久美子が可愛くて色気ムンムンなところなのに、すぐ死んじゃってガックリ。
他は奥菜はまあなかなか可愛く、音楽もまあまあよかったかな。
とりあえず青いフィルターがうっとうしくて、かつ陣内の演技がダメダメでうんざりでした(泣)。
殺陣もダメダメ・・・
ほんといいところが麻生久美子しか無い(笑)。
思い出すに「御条霊戦記」の殺陣は面白かったなあ。

20030606


ジャック

 人の4倍の速度で成長してしまう特異体質に生まれた少年ジャック。
家に閉じこもって生活していたジャックだが、10歳になって一念発起して小学校へ通いだす。
しかし彼は40歳にしか見えなかった・・・。

  ロビン・ウィリアムス主演。フランシス・フォード・コッポラ監督。
まあ予想通りの内容で、あの顔を見るとくどい演技が思い出されて観たくなくなるウィリアムスだが、やっぱり観ると面白いウィリアムスだった(笑)。
しかし母親役が観ながら誰か思い出せなくて、ニコール・キッドマンか???とか思ってたら、実はダイアン・レインだった(汗)。
ダイアン・レイン!なんと懐かしい名前(笑)!
実はけっこう好き♪

20030608


ブレイド2

 前作より一年後。
ブレイドのもとにヴァンパイアであるダマスキノスの娘がやってきて休戦を持ちかける。
ヴァンパイアを餌にしている死神族(リーパーズ)を共同で倒そうという話だったが・・・。

 面白くない面白くないと聞いていたからか、結構面白かった。
リーパーズの見せ方も設定もいい感じだし、ボロボロになってたブレイドが血のプールに飛び込んで元気もりもり絶好調になるのもいかにもヒーロー物っぽくていい。
キャラクターもそれぞれいい感じに立っていて、1作目は観ていなかったのだが違和感無く楽しめた。
ストーリーも2作目にしてはよくまとまっていると思う。
CGIと実写の合成技術も、マトリックスシリーズよりも遙かに完成度が高い。

20030726


007 死ぬのは奴らだ

 麻薬取引を調査していたボンドは、世界経済の壊滅を図るミスター・ビッグという男にたどり着く。
しかしミスター・ビッグにはブードゥーの呪術が味方に付いていた・・・。

 新しく007役にロジャー・ムーアを迎えたシリーズ第8作。
超愚作として有名な作品だが、それが分かってて観ると笑えるポイント満載で楽しめた。
蛇の群に襲われる生け贄の儀式とか、カード占いの美女とか、くらくらするほどB級ノリの快作。

それにしてもボンドのカードトリックは最低である(笑)。

20030808


007 ドクター・ノオ

 ジャマイカの英情報局長が何者かに殺害された。
調査に向かったボンドは、ドクター・ノオというアメリカの宇宙開発の妨害を図る謎の中国人と遭遇する。

久しぶりに観たけど、やっぱり1作目だけあって渋い!
笑えるドラゴンとか、つっこみどころは多いんだけど、ほとんど気にならない。
比較的原作に近いからか。
しかし007シリーズの中では今となっては異色な感じ。
ボンドガールはどいつもこいつもストーリーに関係ないし(笑)。

20030809


007 ダイ・アナザー・デイ

 製作40周年&シリーズ第20作目。
 北朝鮮のムーン大佐暗殺任務に向かったボンドだが、任務遂行目前に正体を見破られ、捕まってしまう。
監禁され拷問に耐え、14ヶ月後に捕虜交換で自由の身に。しかしMはボンドが洗脳されている可能性を考慮し、諜報部員の資格を剥奪して施設内に幽閉してしまう。
ボンドは疑いを晴らすため、施設を脱出して、事件の真相を探るべくキューバへと向かう。
そこで出会ったのは謎めいた褐色の美女だった・・・。

 風邪で痛む頭にDTS音源ガンガン効かせて観たせいか(笑)、なかなか面白かったっす。
10点満点で7点くらいか?DTSで2点くらい加算されてるけど(汗)。
しかしハル・ベリーは邪魔だった。007とキャラが被るのは、シリーズの根幹を揺るがす問題点だと思う。
Qの秘密兵器も来るとこまで来ちゃったし、氷上のアクションもCGIバリバリだし、いっそのことあのまんまの内容でトゥーム・レイダーだったら大傑作だったかも(笑)。
あとはやはりMのキャラが今ひとつだったなあ。

20030827


007 美しき獲物たち

 ボンドはあるマイクロチップの経路を探り、シリコン・バレー壊滅を図る大富豪マックス・ゾリンの陰謀を突き止める。
しかしゾリンの身辺を探るボンドの前に、恐るべき女殺し屋が現れ・・・。

 前半仲間が死んでるのに妙に軽いノリのスノボシーンはまあまあ。
本編が始まると、エッフェル塔の妙なアクションもまあまあいい感じ。その後の現代ヨーロッパのエセ貴族の雰囲気満点の競馬&パーティシーンはすごくいい。
そしてその後は・・・・
ヘロヘロ〜〜〜〜(汗)。

20030903


X-MEN2

 謎のミュータントによる大統領暗殺未遂事件が発生。
この事件によって世相は反ミュータントに傾き、X-MEN達の身辺にも影響が出始める。
その運動の先頭に立つのは大富豪のストライカー。彼にはミュータントへの生体実験の噂があった・・・。

面白かった。
1と比べると散漫なところや、ストーリーがべったり続いていることからのマニアックさは隠せないが、それでもやはり面白い。
特にこのシリーズは見せ場がちゃんと見せ場になってるのがいい。
学校襲撃シーンとマグニートーの脱走シーンにはしびれた。空中テレポート救出劇もかっこよかった。
ミスティークの素顔がおがめるのもいい(笑)。
後地味なところでは学校襲撃の時の無口な装甲兄ちゃんとか、なんでもすりぬけケムール人少女、悲鳴で攻撃ブリキの太鼓少女などなど、見所満載(笑)。
ストームは派手にはなってたけど、前作の方がメリハリがあってよかったな。目も完全に白目の方がいい(笑)。
心配なのは次回作までマグニートゥの役者が生きてるかどうか(汗)。
 少し残念なのはラスト。
ここでは書かないが、化夢宇留仁なら違う展開にしたな〜。
 しかしこの監督は観客がなにを観たいのかがよく分かってるわ〜。ルーカスに爪の垢でも飲ませてやりたい(笑)。

 どうでもいいが、冒頭の湖近くの工場にいた時のウルバリンは頭が例の髪型でビシッとセットされていたのに、学校に帰ってきたときにはボサボサになってたのが気になった(笑)。

20030925


GODZILLA
1998年アメリカ

 パナマの丘陵地帯で巨大な足跡が発見される。調査にあたった生物学者ニックは、これが核実験の影響で誕生した新種の巨大生物ではないかと推測する。
そんな時、突然ニューヨークにその生物は現れた・・・。

 予想よりは面白かったかな?
とりあえずゴジラは単なる本能で動いているだけの動物でしかなく、怪獣としての威厳はゼロ。
 後半のジュラシックパークのパクリを始めとして、どこかで観たような展開目白押しで、これと言った特色も見あたらない。
この辺のパクリモザイク振りは、本家ゴジラの手法を的確に再現しているともとれなくもないが(笑)。

 それにしてもローランド・エメリッヒって、名前はものすごい名監督っぽいな(笑)。

20031001


ゴジラ2000 ミレニアム
1999年日本

 茨城県鹿島灘沖の海底で、CCI(危機管理情報局)が巨大な岩塊を発見し、その引き上げ作業が行われるが、岩塊は突如自力浮上。
その頃茨城県東海村にゴジラが出現し・・・。

 ということで、ゴジラつながり(笑)。
本家ゴジラは相変わらずおおらかな作りで、なかなか面白かった。
内容は語っても仕方がないものだが(笑)。
おおらかな分夢があるっつーか、何が起きても不思議じゃないびっくり箱的に楽しめるっつーか(笑)。
 流石に音楽はこっちの方がはるかにいい。

20031001


BACK 記録&感想トップ NEXT

HOME