高い城の男
フィリップ・K・ディック著/浅倉久志訳

 第二次世界大戦で枢軸軍が勝利した世界の1962年頃。
日本に統治されているアメリカの西半分地域のアメリカ美術工芸品商会では、古き良きアメリカの歴史的遺物が美術品として人気を博している。
その店主のロバート・チルダンは、田上大日本帝国政府太平洋岸第一通商代表団代表に届けるはずだった南北戦争の徴兵ポスターの入荷が遅れたために田上の不興を買い、機嫌を取るために早急に代替品を探す必要が生じて焦っていた。
そこにインテリの日本人夫婦が来店する。
 ユダヤ人である素性を隠して働いていたフランク・フリンクはオーナーに啖呵を切って工場をクビになり、出ていった愛する妻のことを思い出したりしつつ途方に暮れていた。
 田上信輔大日本帝国政府太平洋岸第一通商代表団代表は、もうすぐドイツからやって来る顧客をどうやってもてなしてよいのか頭を悩ませていた。
そこで易を立ててみることにする。
 フランクの妻であり柔道のトレーナーであるジュリアナは、コロラド州で頭上をドイツのロケット船が飛び去ってゆくの見上げつつ、シャワーが空くのを待っていた。
 彼らと更に数人の人々が出会うベストセラー小説「イナゴ身重く横たわる」には、枢軸軍が敗北した世界のことが真実味たっぷりに描かれており・・・。

 てな感じの群集劇っぽい作品で、とりあえず面白かった。
しかし読む前にぼんやりと想像していた内容とは全然違った。
順番に書いていくと、まず枢軸軍が勝利した世界のリアリティが見事で、確かにそんなことになってそうだ〜〜〜っと思わされた。
ちらちらと出てくる枢軸軍がどうやって勝ったのかの説得力も納得の行くものだった(ヒトラーが精神を病んで直接の指揮をしなくなり、バトル・オブ・ブリテンでのロンドン爆撃をしなかったとか/笑)
また日本人とドイツ人の描写も実にそれっぽく(ただし「易」以外)違和感を感じるところはほとんど無かった。
もちろんそれはあくまであの戦争に勝ったドイツ人と日本人だが。
 「イナゴ身重く横たわる」(デビュー作のタイトルもこの関連だが、ディックは聖書のこのくだりにこだわりがあるのか、それとも単に響きが好きなのか/笑?)の内容は枢軸軍が敗北した歴史なので要するに我々の現実の世界・・・と思いきやこれまた違う歴史を歩んでいるのが実に意外だった。
それを知ったときにこの物語は化夢宇留仁の想像していたようなものではないとわかった。
 化夢宇留仁のこれまで感じていたディックの筆致とは異なり、実に地に足をつけた描き方だったのも印象的だった。
その分設定から予想する内容と比べると実に地味とも言える内容で、こんな設定でそんなところにこだわってどうするの(汗)?と思っても不思議ではないくらいなのだが、世界の構築のレベルが非常に高いので単に現実とはちょっと違う世界の普通の物語として読まされてしまう。
しかしここぞというところで突然放り出される感はいつもの感じだった(笑)
 「易」の存在感の大きさは違和感があったが、最後まで読むと納得。
そもそも「易」がメインだった(笑)
 というわけで感想が実に散漫なうわごとみたいになったが(汗)、こうでもしないと書けなかったのだ。
よくこの原作をドラマ化しようと思ったな・・・・まあストーリーはぜんぜん違うみたいだけど、無理もない(笑)

20221122(mixi日記より)
20221123


ヒックとドラゴン
ディーン・デュボア&クリス・サンダース監督

 北の海に浮かぶバーク島に暮らすバイキング一族は、ドラゴンと争い続けていた。
鍛冶屋で修業中の少年ヒックは立派なバイキングになることを夢見ているが、みんなの足を引っ張るばかり。
ある日ヒックは自作の投擲機で最も危険とされるドラゴンのナイト・フューリーを捕えることに成功するが・・・。

 実にいい感じでまとまっていて、ラストの少々意外な結果(というか被害)も、好感触。
面白かった。
しかし問題はタイミング。
ドラゴンライドの描写という点では、とにかく圧倒的に作り込まれたアバターがあるので、流石にあれと比べるときつい。
先にアバターを観ていなければもっと身を乗り出せたと思う。
あと、ドラゴン全部のデザインは、もっとリアルで恐ろしげな方がよかったと思う。

20110805(mixi日記より)
20221124


戦車戦入門 世界篇
木俣滋郎著

序章 戦車発達の足跡
第一章 第一次欧州大戦
第二章 ドイツの電撃戦
第三章 砂と雪と広野の戦い
第四章 連合軍の反撃

 戦車戦入門と言うよりも、第一次大戦から二次大戦に掛けての各国の戦車の開発と、それを使用した戦場の経過を説明したもの。
実にあっさりとした記述だが、解説された戦車の写真や3面図が掲載されているのが嬉しい。
中にはなかなかマニアックな戦車も混じっている。
超重自走砲カールの開発から戦場での運用など、ちょっと変わった視点のものもあって面白かった。
 でも会社ではすごく変な目で見られた(笑)

20110809(mixi日記より)
20221125


キック・アス
マシュー・ヴォーン監督

 アメコミヒーローに憧れるデイヴ・リゼウスキは、自分もヒーローになろうと思い立ち、ネットで買ったスーツを着てヒーロー活動を開始する。しかし、何のスーパーパワーも持っておらず、訓練もしていない彼はあっさり暴漢に刺された上、車にはねられ病院送りとなり・・・。

 ヒーローにあこがれていた青年が本気でヒーローになろうとしたら思ったより大変で、えらい苦労していたところにプロフェッショナルの親子と出会ってなんだかうまくいく・・・・・・・・
というような話を想像していたら、微妙に合ってるけど、斜め30度くらい違っていた。
 とりあえず可愛い女の子(11歳くらいと劇中で言っていた)が、にやにや笑いながら人を殺しまくるとは予想しなかった(汗)
基本コメディなのだが、その辺のバランス感覚が実にギリギリのラインで構成されており、暴力描写はその辺のバイオレンス映画よりも痛いくらい。
 とりあえず日本では絶対作れない映画。
ちうかアメリカでもよくできたなこれ。

20110811(mixi日記より)
20221126


BACK 記録&感想トップ NEXT

HOME