STAR TREK 備忘録

TOS

DS94-6
ENT3-4
DS97
VOY7

152 幻の帰還計画 Inside Manl
 地球からの月に一度の定期連絡に、ホログラム・データが。
それはバークレーの作ったホログラム・レジーだった。
バークレーと違って自信満々のレジーは、ヴォイジャーを数日中に地球へ戻すことを約束するが・・・。

 ディアナ・トロイもゲスト出演。
 どちらかというと地球でのドラマの方がメインになっており、これはこれで面白い。
しかしディアナこえ〜〜〜(汗)


153 セブンになったドクター Body and Soul
 研究飛行中に光子体(ホログラム)を敵視する異星人に捕まってしまったキム、セブン、ホログラムドクター。
ドクターは削除されそうになり、セブンのとっさの機転でドクターはセブンにダウンロードされ、しばらくセブンの身体をドクターが操ることに。
ドクターセブンは生身の身体に感動し、ついでに恋愛も・・・・
 もう滅茶苦茶に面白いです(笑)。

155 裏切られたホログラム革命(前編) Flesh and Blood, Part I
 ボイジャーは2年前にヒロージェンにホログラムテクノロジーを与えていた。
ヒロージェンはそれを改造し、より獲物として強力なものを作っていたが、やがては彼らの手におえない怪物と化していた。
共同作戦でホログラムを止めようとするボイジャーだが、反撃にあい、ドクターを拉致されてしまう。
ドクターはホログラム達の受けてきた虐待を知り、彼らを助けようと思うのだが、ジェーンウェイ艦長は危険なホログラムの消去を選んだかに見えた・・・。

 

 前後編の前編としては、もう一つ盛り上がりに欠けるような気がする。
ホログラムの権利というテーマはボイジャーのメインテーマの一つなので、このエピソードも重要なのだが。

 

162 人間改造惑星クアラ(前編) Workforce, Part I
 
 科学の発展した惑星クアラは、空前の人手不足惑星でもあった。
様々な種族が立ち働く中に、ボイジャーのクルー達も。
一方出張から帰ってきたチャコティ、キム、ニーリックスの3人は、待ち合わせの場所にボイジャーがいないのを知り、慌てて捜索を開始。
ボイジャーでは、艦長に全権を委任されたドクターが、艦の機能の復旧に務めていた・・・。

 みんな仕事を愛していて楽しそうな惑星クアラがいい感じ。
意外に戦闘シーンもかっこいいのが挟まる。

 

165 断絶するQ Q2
 突然Qが息子を連れてボイジャーにやって来た。
彼は悪さばかりする息子の教育に困り果て、ジェインウェイに助けを求めてきたのだ。
仕方なく教育係を引き受けるジェインウェイだが、Qの息子Q2は一筋縄ではいかなかった・・・。

 Q2のセブンに対するいたずらに尽きる。
思うことはただ一つ。
もっとやれ〜〜〜!!!

 

 

 

 



VOY4-6へ

TOP