STAR TREK 備忘録

TOS1

TOS2 TNG2

DS92

VOY2 ENT2 DIS2 PIC2
TOS3 TNG3 DS93 VOY3 ENT3 DIS3  
 
TNG5 DS95

VOY5

     
TNG6 DS96 VOY6     LD1
MOV
DS97

43 ケイゾン総攻撃(後編) Basics, Part II
 
 セスカの子供を診察したドクターは、子供がケイゾンとカーデシアのハーフであり、チャコティの子供ではないと知る。
またドクターは船内にスーダーが残っていることにも気づき、協力してヴォイジャーを取り戻す計画を立てる。
一方惑星に取り残されたヴォイジャークルーのサバイバルは、原住民との接触もあり、より危険度を増していた・・・。

 これより第3シーズン。
前後編でよくあることだが、前編は驚きの連続だが、後編はその収束に手一杯でこれと言った意外性が無いというパターンにはまっている。
それでも状況があまりにも絶望的すぎて、十分盛り上がるのだが(笑)
ちうか一部ハリー・ハウゼン的な展開と画面があって面白かったけど、滅茶苦茶浮いていた気がする(笑)
 この話でお別れとなったサブレギュラーがたくさんいるので、ある意味ヴォイジャーの第1期の終了とも受け取れるエピソードだと思う。
少し残念なのは最後のスーダーの活躍シーンで、あそこはもっと殺人鬼っぽい(笑)ものにしてほしかった。
20200513

44 伝説のミスター・カトー Flashback
 
 宇宙暦 50126.4。可燃性が高く用途の広いエネルギー源であるシリリウムが含まれるガス星雲を発見したヴォイジャーは調査に向かう。
しかしトゥヴォックが突然倒れ、調べてみると彼は自分の子供時代の記憶のようでいてそうとは思えない奇妙なビジョンを見ていた。
その解明のためにジェインウェイと精神融合を行うが、今度のビジョンは80年前にトゥヴォックが初めて任務に就いたスールー艦長が指揮するエクセルシオだった・・・。

 前知識無しでDVDで観ていて、日本語サブタイトルも観ていなかったので、突然「スタートレック6」の世界に放り込まれてびっくりした(笑)
前々からあのブリッジにトゥボックの役者がいるとは思っていたのだが、設定的にも同一人物ということになったのね。流石にエンタープライズD型に侵入した賊は別人みたいだが(笑)
 
 物語的にはまさに過去に戻るための言い訳じみている(笑)が、スールーのカップとか、細かいところまで再現しているのがやはり楽しい。
不明だった当時のエクセルシオールの顛末がわかるのも興味深い。
ジャニス・ランドもしっかり出てくるのと、なんと「宇宙の怪!怒りを喰う!?」に出てきたクリンゴン人カング・カンも出てくるのがサービス満点すぎる。ちなみにカンはDS9にも登場している。
ちうか「スタートレック6」を見直してから観たかった(汗)
20200513

 上記のトゥヴォック役者がエクセルシオールにいたというのは化夢宇留仁の勘違い。
いたのは「ジェネレーションズ」のエンタープライズBだった。
20220319

45 地獄星からの脱出 The Chute
 ハリーとトムはアクリティリという惑星で爆弾テロの犯人と断定され、投獄された。
そこは外界との接点は人1人がなんとか通れるほどの急な傾斜の1本のチューブだけで、囚人たちは荒れくれ、時には殺人も発生していた。
一方ヴォイジャーは彼らの嫌疑を晴らすため、真犯人を探していた・・・。

 実に重苦しい展開が延々と続いて苦しい。
その分最後で救われるのだが、落ち込んでいるとき向きの話ではないのは確か(汗)
やっとのことでたどり着いた窓の外は・・・・という展開は予想はできたがやはり面白かった。そして更に絶望感が(笑)
ニーリックスの船はず〜〜〜〜っとヴォイジャーの格納庫にあったんだねえ。
20200513

46 ドクターのオーバーロード The Swarm
 
 トムとベラナが乗ったシャトルに突然エイリアンが転送してきて、意味不明の言葉を発した後、2人を撃つ。
ヴォイジャーは漂流していたシャトルを見つけて2人を救出したが、治療中にドクターの調子がおかしくなり・・・。

 冒頭のドクターのオペラ練習シーンがあとで効いてくる脚本はお見事。
しかしもう1つの群体異星人との接触に関する物語と一切接点がないのは少々違和感。
どうやら原題では「群れ」と「バグ」を掛けているようなのだが、それでもやはり違和感は残る。
ドクターの診断用にドクターを作った科学者ジマーマンのホログラムが用意されているというアイデアは素晴らしく、もちろん同じ顔をしているのも楽しい。
しかし最後のマトリクスの移植だが、その結果ジマーマンのそれが消えてしまうというのには違和感を感じた。
移植と言っても物じゃないよね?
それにしてもドクターの消えてしまったあれはもう完全には戻らないのだろうか・・・心配(汗)
20200513

47 救世主フェレンギ False Profits
 宇宙暦50074.3。アルファ宇宙域に通じるワームホールの形跡を発見するヴォイジャー。
その近くには原始的な文明社会を持つ惑星があったが、なぜかそこでレプリケーターが使用されているのがわかる。
現地人に変装して調査に向かったチャコティとトムは、そこに聖者と呼ばれる意外な存在がいるのを知り・・・。

 まさかのTNGの続編(汗)
しかも素晴らしくスマートにつなげていて、設定的にも違和感がないのが素晴らしい。
毎度のことながら邦題が非常に残念なことになっているが、ネタが分かっていてもあいつらが出てきたら面白いに決まっている(笑)
ニーリックスのフェレンギ人っぷりも見もの。
20200606

48 偽善者の楽園 Remember
 
宇宙暦50203.1。フィーマ星系のコロニーで出会ったエナラ人を彼らの故郷まで送り届けることになったヴォイジャー。
その頃トレスは毎晩非常にリアルな夢を見るようになり、その中では彼女はエナラ人の若い女性になっていた・・・。

 最近観たTNG112「記憶侵入者ユリア星人」と似たようなイメージの話で、少々混乱した(汗)
それとコロニー&棄民政策ということで、最近ゲームを作るためによく触れているガンダムの世界とも紛らわしいところがあって少々混乱した(笑)
物語自体は特にひねりもないが、悪くない。特別よくも無いが(汗)
 ところでドクターだが、とりあえずは変化はなさそうだが、プライベートの様子はどうなのだろう?
20200606

49 聖霊の怒り Sacred Ground
 宇宙暦50063.2。ネカーニ星から招待を受け、上陸休暇をとることにしたヴォイジャークルー達。
ネカーニ人は聖地であるサンクチュアリという洞窟には聖霊が祭られていると言い、興味を持ったケスが神殿に近づくと、強烈なエネルギーフィールドが発生し、彼女は意識を失う。
ドクターにはケスの意識を戻す方法が見つけられず、ネカーニの歴史を調べたニーリックスは、過去に神殿での試練を越えて精霊と会い、意識を取り戻させた例を見つけた。
精霊など信じていないジェインウェイ艦長だったが、ケスのために試練を受けることにするが・・・。

 試練の内容が工夫されていてなかなか面白い。
しかしピンとこないところも。
そもそも化夢宇留仁は神や幽霊、そして精霊が存在するならそれらも科学で解明可能な存在だと思っているので(勿論人類に到達可能な科学水準では難しいとは思うが)、この話のように科学と神秘を相容れないもののように扱われると違和感を感じるのだ。
20200606

50 29世紀からの警告(前編) Future's End, Part I
 1967年の地球に、正体不明のなにかが墜落し、それを1人のヒッピー青年に見られてしまう。
一方ヴォイジャーは、突然現れた29世紀からやってきたという小型船に攻撃される。
からくも破壊されるのは免れたが、事故が発生し、ヴォイジャーと小型船は1996年の地球にタイムスリップしてしまい・・・。

 ヴォイジャーの定番の1つである時間物前後編が来た。
ノリ的にはスタートレック4に近いが、1996年というより現在に近い世界に飛ばされたので、大きな違和感なく楽しめた。
1996年のロスアンジェルスの混沌とした光景に対するトゥヴォックのセリフが楽しい。
またグリフィス天文台のSETIの天文学者レイン・ロビンソンがスタートレックには珍しいタイプの女性で、非常に色っぽくていい感じだった(笑)
それとやはりこれも定番と言えるUFO扱いされるヴォイジャーという展開も。
 
にしても未来人のやり方は強引すぎる上に、色々と筋が通らないところが目立った。
未来の惨事を止めるためとは言え、いきなり対象を破壊してしまっては更に予想困難な問題が生じる可能性が高いのでは?
そしてなにより「時間がない」というセリフはどうなのか(笑)?
後編であのセリフに意味があったとわかるといいのだが。
20200606

51 29世紀からの警告(後編) Future's End, Part II
 ヘンリー・スターリングの29世紀の技術を使ったハッキング攻撃は強烈で、軌道上に脱出していたヴォイジャーだが、今度はチャコティとトレスがシャトルに乗り込んでスターリングの転送を試みる。
しかしスターリングは抵抗し、シャトルのパワーでは足りずにヴォイジャーに転送してなんとか成功するが、シャトルがアリゾナに墜落してしまい・・・。

 前編を観てから1年以上も間が開いてしまったので(汗)、前編から見直した。
相変わらずゲストの女性がエロ可愛いので調べてみると、サラ・シルバーマンというコメディアンかつ女優だった。意外に見たことのある映画にも多数出演していた。
エピソード自体はテンポよく進んで展開の先が読めずに面白かったが、上記のロビンソンに別れの時に未来から来たことくらい教えてもよかったのにと思った。
 この話でドクターは29世紀の技術の産物であるモバイルホロエミッターを手に入れ、行動範囲の制限がほぼ無くなった。
未来への悪影響を考えればそんな装置は使用しないほうがいいのは当然だが、ヴォイジャーはそんな細かいことは気にしないので後々タイムパトロールに目をつけられるのだ(笑)
それにしても当時アリゾナで武装反政府活動していた組織が存在したの???
20211217

52 暴君の星 Warlord
 ニーリックスが故郷の高級リゾート「パクソーリゾート」を再現したホログラフでくつろぐニーリックス、パリス、キムの3人だったが、パリスとキムはもっとくだけた感じがいいと美女やら音楽やらをプログラムに追加する。
ヴォイジャーは難破船を発見し、生存者を 3人救助するが、その内の1人はヴォイジャーの医療室でケスに看取られて死亡した。
彼らを故郷の星に送り届けるヴォイジャーだが、突然ケスが・・・。

 異星人に人格を乗っ取られるパターンだが、可愛いケスに乗り移ったのがズオーダーみたいなやつ(笑)というギャップが見どころ。
またケスの暴君衣装が、ケスのスタイルのよさも相まって「銃夢」みたいで色っぽくてよし(笑)
それにしてもエンタープライズのホシといい、普段おとなしい女の子役がズオーダーキャラになった時の演技力の素晴らしさには驚かされ、普段のキャラクターが役者の性格なんだと思い込まされているのを知るとともに、どちらもにとても嬉しそうなのが興味深い(笑)
20211218

53 レディQ The Q and the Grey
 超新星爆発の観測に成功して盛り上がるヴォイジャーのクルーだったが、ジェインウェイの前にQが現れ、なんとジェインウェイにQの子供を生んでほしいと言い出す。
ところがそこに女性のQも現れ・・・。 

 34話で出てきた自殺Qの影響は予想通り大きかったらしい。
でもこの話で何人もQの死者が出ていそうだが・・・。
 レディQはウォーフの元奥さんケーラーと同じ人で、スージー・プラクソンといい、他にも色々な役で色々なスタートレックに出演している。なんか最近は小説を書いてるらしい。
彼女がトレスと並んでいる画ではものすごくレディQがでかく見えるので身長を調べてみたら187cmだって(汗)
そりゃでかいわ(笑)
ちなみにこの話の原題は南北戦争を表すブルー・アンド・グレイから来ている。
日本人にはピンと来にくい。
20211218

54 巨大ウィルス Macrocosm
 宇宙暦 50425.1。
奇妙な礼儀作法にこだわるタクタク人との取引を終えたジェインウェイとニーリックスはヴォイジャーとの合流地点に戻るが、ヴォイジャーの姿は無い。
ヴォイジャーは1光年も離れた空域を漂流していた。
ヴォイジャーに接近して通信を送っても返事はなく・・・。

 艦長がコマンドーに(笑)
とりあえず科学的説得力に不明なところの目立つ話だった。
ウイルスが巨大化したらそれだけ脅威が減ると思うのだが・・・。
それはそうとニーリックスのプログラムがとことん滅茶苦茶にされているのが面白かった(笑)
20211218

55 密売人 Fair Trade
 保安部や機関部の仕事を覚えたいニーリックスだがまともに相手にされない。
ブリッジでは眼前に広がる奇妙な星雲の調査を開始していた。
ジェインウェイはニーリックスに意見を聞くが、ニーリックスもこのへんはほとんど来たことがなく、知識に乏しかった。
しかし星雲の入り口に交易ステーションらしきものがあり、ヴォイジャーはそこで補給を行うことにする。
ニーリックスはそこで旧友を見つけるのだが・・・。

 やきもきさせられるタイプの話。
こういう話は化夢宇留仁の苦手とするところだが、ニーリックスがギリギリのところで踏みとどまってくれて助かった。
ステーションの管理人バラックがなんだか味のあるキャラクターだった。
20211227

56 ホログラムの反乱 Alter Ego
 宇宙暦 50460.3。反転星雲の観測を続けているヴォイジャー。
反転星雲は非常に不安定なのでわずか数年で燃え尽きてしまうと予測されていたのだが、この星雲は何百年も経っているらしい。
その調査の間も心ここにあらずという感じのキム。
彼はトゥヴォックに感情を制御する技術を教えてほしいと頼む。
というのも彼はなんとホロキャラクターに恋をしてしまっていたのだ・・・。

 キムの悩みの話かと思ったらトゥヴォックが主役で、キムの置いてきぼり感が半端なかった(笑)
しかし要するにストーカー被害にあう話なので(笑)キムは助かったのか。
20211227

57 霊界からの誘い Coda
 シャトル内のジェインウェイとチャコティ。
昨夜は隠し芸大会でジェインウェイは瀕死の白鳥を披露したらしい。
シャトルが突然揺れだし、制御が効かなくなり、惑星に不時着する。
衝撃でジェインウェイは意識を失い、呼吸も止まっていた・・・。

 冒頭の2人の会話がすごくいい感じ。
物語はタイムループものかと思いきや突然霊の話に(笑)
ちょうどつい最近TNGの124話「転送事故の謎」を観ていたので、なんかデジャブな感じでこっちもタイムループに入ったような奇妙な気分だった。
 とりあえず言えるのは、明らかな人選ミス。
こういう計略はあの人にだけは絶対効かないのでやるだけ無駄(笑)
20220102

58 消えた村の謎 Blood Fever
 
 宇宙暦 50537.2。生命反応のない星系をスキャンしていたヴォイジャーは第4惑星にギャリサイトを発見し、ワープコイル内の古くなった同物質と入れ替えるため、採掘に向かうことに。
採掘の準備を進めるトレスだったが、突然ヴォーラック少尉にプロポーズされ・・・。

 要するにポンファー騒動(笑)なのだが、瞬間的な精神結合でそれがクリンゴンとのハーフであるトレスにも影響してしまうというのがミソで、パリスとかもうえらいことに(笑)
あとはドクターの発案したポンファーの治療方法だが・・・それはホロデッキじゃなくてホロスィート(笑)
そしてあまりにも日本語タイトルと内容の乖離が大きいと思ったら、最後の最後に衝撃的な事実が。
あの人達でしたか。
20220102

59 ボーグ・キューブ Unity
 宇宙暦 50614.2。
チャコティ副長とカプラン少尉はシャトルでネクリット・エリアの偵察を終え、ヴォイジャーに戻ろうとするが現在位置を見失う。
そこに救難信号が届き、発信源の惑星に転送降下するが、現地の諍いに巻き込まれてカプラン少尉は死亡し、チャコティも重症を負う。
彼の目の前に現れたのははなんと地球人の女性だった。しかし周りには地球人だけだはなく、様々な種族がいるようだった。
一方ヴォイジャーはボーグ・キューブと遭遇していた・・・。

 ショッキングな展開を見せるが、まだまだボーグの脅威は始まったばかりという感じ。
ただし単に集合体というだけでも恐るべき力を持っているのがわかる。
そして発端がウルフ359の戦いというのが渋い。
 化夢宇留仁が気になったのはカプラン少尉の顛末。
かわいそう(泣)
20220109

60 ドクターの内なる闇 Darkling
 宇宙暦 50693.2。
ミカル・トラベラーの前哨基地に立ち寄っているヴォイジャー。
基地に物資を提供する代わりに情報を得ているのだが、その間にケスがザヒールという男に恋をする。
 一方ドクターはホロデッキで歴史上の偉人を再現し、気に入った人物のサブルーチンを自分に組み込んでいた。
微妙な調整が必要なサブルーチンを軽々しく書き換えるべきではないと心配するトレスだったが・・・。

 なにがびっくりと言って、さらっと言及されるケスとニーリックスが別れたという事実である。
いつの間に(汗)!?
20220109

61 謎の小惑星 Rise
 惑星に接近する小惑星に光子魚雷を命中させるヴォイジャーだが、小惑星はばらばらになり、破片の内2つがニーズー人の住む惑星に落下する。
通常は蒸発するはずの小惑星はなぜそうならないのか。そして小惑星はまだ後続が次々に飛来していた。
 ニーズー人のヴェトム博士は地上からの通信で、重要な発見をしたと告げる。
シャトルで博士の救助に向かうトゥヴォック、ニーリックス、ニーズー人スクラーだが、乱気流のせいで不時着する。
ヴェトム博士は発見されるが、そこは次の小惑星の衝突影響範囲内で、すぐにその場を脱出しないと危険だがシャトルは飛べない。
ニーリックスは地上からそそり立って雲の中に消えている構造物を発見し、あるアイデアを思いつく。
 一方ヴォイジャーは小惑星が人工物であることを突き止め、2000人以上もの異星人が乗り込んだ宇宙船と接触していた・・・。

 小惑星型爆弾、軌道エレベーター、酸素の欠乏、密室での殺人事件、エイリアンの侵略と、ケレン味のあるハードSF感の強い話でなかなかいい感じ。
ニーリックスとトゥヴォックのやりとりも見どころ。
それにしてもヴァルカン人は強力な種族である。
20220109

62 女たちの星 Favorite Son
 キムはあたりの惑星に見覚えがあるような気がしていた。
そこに現れる謎の宇宙船。キムはその宇宙船にも見覚えがあり、奇襲してくると確信して先手を取ってフェイザーで攻撃した。
なんとか無事だったヴォイジャーだが、宇宙船の攻撃によってトレスが重傷を負った。
調査の結果キムの言う通り敵宇宙船が奇襲しようとしていたことがわかるが、今度は敵は3隻で迫ってくる。
キムはある惑星を示し、そこに向かえば安全だと告げた・・・。

 タイムループものかと思わせておいて、意外なエロエロ展開に。
ギャレット・ウォン(キムの役者)もこの撮影は楽しかっただろう(笑)
それにしても第3夫人までと言っていたが、あの調子では第1夫人で終わっていそうである。
それともあれは4Pの結果なのか(笑)?
20220102

63 9歳のケス Before and After
 「生体活性チェンバーを作動」という声に気づくケス。
9歳になったケスは急激な老化現象により記憶のほとんどを失い死にかけていたが、ドクターが最後の手段としてとったのが生体活性チェンバーだった。
しかしケスの意識は過去にさかのぼり・・・。

 未来から過去へ遡るといえばいやでもTNGの最終話を思い出すが、こちらはそのアイデアをうまく料理して全く別な話に仕上げている。
そもそもケスの種族であるオカンパ人の寿命が9年という設定が普通は思いつかないかつ思いついても普通は採用しない尖りすぎたアイデアで、それこそこのヴォイジャーというシリーズでしか実現しなかっただろう。
それと時間のさかのぼりというアイデアを組み合わせることで、どんどん容姿の変わってゆくケスと、全然変わらない他のクルーという画を自然に実現しているのだ。
またそこに絶望的な状況に陥っているヴォイジャーという、そのままシリーズでは採用できない設定も組み合わせ、ドラマを盛り上げているのが素晴らしい。
傑作とまでは言わないものの、まさにヴォイジャーでしかできないエピソードだったと思う。
それにしてもウェーブ髪のケスはゴージャスだ(笑)
20220116

64 ドクターの家庭 Real Life
 
 父親の出勤を居住まいを正して見送る妻と息子と娘。父親はドクターである。
ヴォイジャーは接触予定だった研究基地が木っ端微塵になっているのを発見したのをきっかけに、亜空間の裂け目から発生している乱流を観測していた。
一方ドクターのホロ・ファミリーの家に招待されたケスとベラナだったが、ベラナはこんな家庭はあり得ないと言い、リアリティのある家庭を再現することに。
それはドクターの苦難の始まりだった・・・。

 冒頭のドクターの理想の家庭が理想過ぎて悪夢みたいになってる(笑)のが素晴らしい。
特に娘の子役の演技力が凄すぎて圧倒される(笑)
その後リアリティを付加された家庭がこれまたリアルすぎて、いくら家族を学習するためといってもスパルタすぎる上に更にあまりな展開に(汗)
あれじゃあドクターはもう家族という単語自体にトラウマを生じちゃうよ(笑)。
・・・ところで亜空間乱流の展開はなんか意味あったのか(汗)?

 全然関係ないけどこの話を見ている間にスタートレックシリーズの大きな功績の1つはクリンゴンという種族を生み出したことだなあと思った。
容姿や文化などもそうだが、なにより「クリンゴン」という名前がいい(笑)
クリンゴン♪って、なんか声に出すだけで楽しいよね(笑)
20220116

65 遠隔起源説 Distant Origin
 
 荒れ果てた惑星の洞窟の中で爬虫類型の異星人の科学者ゲイガンが人類の白骨死体を発見する。
ゲイガンと助手のヴィアは自分たちの起源が他の惑星にあるという説を唱える科学者で、その発見は彼らの仮設を裏付けるものだった。
しかしその報告を聞いた元老院の反応は拒絶で、ゲイガンは学説の裏付けのために現在生存しているその種族を捜索し、やがて発見されたのはヴォイジャーだった・・・。

 ロマンあふれる超名作。
こんな脚本をTVシリーズの1つの話として作り上げられる、ヴォイジャーというシリーズの懐の深さは計り知れない。
また脚本のできに触発されたのか、この話は制作費も通常よりも大幅にアップされているようで、画的な見どころも満載。
 ところで観ている間は白骨死体が誰のものなのかわからなかったのだが、あの惑星は42・43話の舞台になった惑星で、死体はあの人だったのね・・・(笑)
そしてもうあれから2年が経ってるのか(汗)
20220102

66 消えてゆくクルー達 Displaced
 もはや痴話喧嘩としか思えないやりとりをしながらホロデッキから出てくるトムとベラナ。
そこに突然見たことのない男が現れる。
彼を医療室に連れて行って診察してもらうが、その間に彼が現れた瞬間にケスが艦内からいなくなっているのがわかる。
その後も9分20秒間隔で1人ずつ人間の入れ替えが行われ、次第にヴォイジャーのクルーとエイリアンの数が逆転してゆく・・・。

 なかなか斬新な計略で、まあまあ悪くない話だと思う。
最後にビシッと決めるジェインウェイ艦長がかっこいい。
ところでこれまた全然関係ないが、スタートレックシリーズで最優秀の艦長はと聞かれれば答えは分かれると思うが、最強の艦長はと聞かれればほぼ100%がジェインウェイと答えるだろう(笑)
しかしこの話を観ている間に思いついたのだが、ジェインウェイは無条件で頼りになる部下にも恵まれている。
チャコティ、トゥヴォック、トムの3人は、ほぼミスもしない完全に信頼できる部下である。
この3人に匹敵する部下は他のシリーズではどれだけいるかと考えてみたら、TOSではスポック、マッコイの2人、TNGもライカーとデータの2人、DS9ではオドーの1人で、ENTは0(汗)
ジェインウェイが最強艦長なのは間違いないが(笑)、実は部下にも一番恵まれていたのだと思った。あと少しで更に強力なセブンも加わるし(笑)
20220116

67 反乱 Worst Case Scenario
 
 ターボリフト内で、トレスはチャコティから近い内に反乱を実行すると告げられる。
ジェインウェイとトムがシャトルでヴォイジャーを離れてワープに入ったタイミングを見計らって反乱は実行され、上級士官は拘束室に監禁され、下士官は反乱に加わるか船を降りるかの選択を迫られる。
そこになぜか現れるトム・・・。

 チャコティを完全に信頼できる部下と書いた途端に彼が反乱を起こすエピソードが(笑)
この一種の劇中劇は本当に面白そうで、ぜひやってみたいと思わされる。
現在のVR技術でも似たものは作れるだろうが、やはり実物と見分けのつかないCGでしかも身近な人間が出てくるとなると盛り上がりは半端ないだろう。
懐かしいいかす彼女の強烈なウィンクも見逃してはいけないポイント(笑)
20220118

68 生命体8472(前編) Scorpion, Part I
 2隻のボーグ・キューブが、何者かに一瞬にして破壊される。
 ホロデッキでレオナルド・ダ・ヴィンチと戯れていたジェインウェイはチャコティから呼び出される。
ヴォイジャーから2ヶ月前に送り出した長距離探査機からの送信が途絶え、その探査機が最後に送信した映像はボーグに捕獲された様子だった。
ヴォイジャーが進もうとしていた空域はボーグスペースだったのだ。
対策を練ってなるべくボーグに発見されないように進むヴォイジャーだったが、いきなり15隻のボーグ・キューブと遭遇する。
しかしボーグはヴォイジャーに関わっていられないほど急いでいたようで、ヴォイジャーを追い抜いてそのまま消え去った。
ところがしばらくするとヴォイジャーの行く手に15隻のボーグ・キューブの残骸が・・・。

 シリーズを通して初めてボーグ・キューブが複数出てきたと思ったら、それを粉砕する未知の敵が(汗)
前にジェインウェイは最強の艦長であり、信頼できる有能な部下もそろっていると書いたが、遭遇する危機も他のシリーズとは桁違いなのだ(笑)
 冒頭のチャコティとの交流でジェインウェイも1人の人間なのだと思わせておいて最後近くで突き放し、やはり彼女は特別な存在でいなければならないとわからせる流れも素晴らしく、結果彼女はたった1人でボーグとの取引に臨む。
なにも知らずに見ていたら盛り上がりすぎて漏らす系エピソード(笑)
20220118


VOY2 TOP VOY4